鳩子の詩集 - 23    

遠い日を見つめて

わたしはあなたの太い腕が好きなのに
本当は女の子になりたかったというあなた

わたしをじっと見つめるあなたは
遠い日のあなた自身を見つめているよう

わたしはあなたのために
奇麗になろうと努力してきたわ
遠い日の奇麗な心を持ちつづけているあなた

あなたの瞳の中に見えたものを
わたしに教えてあげられるかしら