鳩子の詩集 - 11    

憂鬱なおでかけ

せっかくのお出かけの日だというのに、
なぜか気分がのらないときがあるんです。
そんなときは外へ出ても、お(しり)から
男の子のしっぽがぶらさがってるみたいで、
さえません。
しっぽをくるくるっと丸めて
スカートの中に隠そうとしても、
憂鬱な日はたいていミニスカートだから、
すぐにはみでちゃいそうで。
(しり)を左右に振ってさっそうと歩く
いつものわたしは、どこへ行ったのかしら。
あなたに「歩きかたが可愛いね」って
言われたら少しは自信がもどるかも。
その前にデートに誘われないとダメですけど。