此の児人(しょうじん:少人)は、美道二葉の時より松嶋や小嶋の蜑(あま)のぬれにやさしく、情ふかく、一座気たかく、酒すぐれて呑こなし、文など是につゞきてまねする子もなし。…… ひとつひとつ能(よき)事を見習ひ、萬(よろづ)につけていやしからず。(『本朝若風俗(男色大鑑)巻七』女方も為なる土佐日記)
また『催情記』に「酒はのまぬがよし」とも。「美道」は若道または衆道ともいう。




「江戸の12ヵ月」の項目は、新暦と旧暦が混合していることをおことわりしておきます。江戸時代の旧暦では、「おさのの物語」の節分は年末年始のころ、桜は2〜3月、梅雨は5月です。