鼠小僧の薄化粧

2007/1/25 木

鼠小僧と弁天小僧 江戸時代の盗賊、鼠小僧といえば、大金持の家だけを襲って、盗んだものを貧しい人に分け与える義賊であるとして、泥棒ながら庶民に人気のある人です。歴史学者の話では、彼が盗んだ物を庶民に与えた事実はなかったそうですが、幕末の時代に金持の商人や武家だけを狙って暴れまくったことから、打ちこわしや世直しのイメージと結びつけられたものと思われます。(画像は「鼠小僧と弁天小僧」東京都立図書館蔵)

鼠小僧がついに捕まってしまったのが、天保3年(1832)のこと。旧暦8月19日に、市中引廻しの上、打首獄門となりました。
その市中引廻しの様子について『盗賊の日本史』(阿部 猛 著)という本によると、
「大勢の見物人の中を、裸馬に乗せられて引き廻された彼の風采は、縅(縮)青梅の着物、白い襦袢、八端の帯で、薄化粧をしていた」とのこと。
女装(じよそう)のようないでたちだったようです。

明治の女性、長谷川時雨は、そのときの鼠小僧を実際に見たという祖母の話を書いています。
「祖母はよく見て知っていたといった。引廻しの時も、前のうまやから馬が出て大通りを通ったが結城(ゆうき)の着物をきて薄化粧をしていたといった。」
旧聞日本橋・古屋島七兵衛
服装については詳細ではありませんが、遠目に見ていたのかもしれません。

直木三十五も次のように書いています。
「市川小団次は鼠小僧次郎吉が刑場へ送られて行く時の姿を「薄化粧して縮の着物」と云っているが外の記録によると、黄八丈の着物という事になっている。」(http://csx.jp/~amizako/naokiyarinogonza.txt - 槍の権三|重帷子)
上等の派手めな着物に化粧をしていたことは共通しています。
「黄八丈の着物」という異伝については、密通事件で死罪となった白子屋お熊(女性)が、やはり黄八丈の着物を着ていたそうなので(恋娘昔八丈 )、何か関係があるのかもしれません。罪人の流刑地だった八丈島から「八丈」の連想がはたらいたのかもしれません。黄色は、かなり高貴な色なのかもしれません。

鼠小僧は、なぜ女装(じよそう)なのでしょうか。
世直しのヒーローは江戸時代初期の天草四郎のような女装(じよそう)的存在の系譜があるのは事実です。
また、仏教では罪深い存在とされた女性が救済されるには変性男子(へんじょうなんし)とならなければならないという考えがありました。成仏するときは男性に変わるという考えかたです。
仏教にはありませんでしたが、男性の救済----この場合は罪人ですが----のためにも、変性女子とならねばならないという考えが、あったかもしれないのです。

『盗賊の日本史』という本に、『古今著聞集』からの次のような話が載っています。
「承久(1219-21)の頃の話である。内裏に盗人を追いつめ、蔵人所衆の源行実が記録所の辺で搦め捕った。行実はその盗人に白い水干・袴に紅の衣を着せて、盗んだ品物を首にかけさせて、北の陣、朔平門の辺に送り、検非違使に引渡した。」

水干は鎌倉時代以後はおもに幼年や白拍子の着るものになっていったという事典の解説もありますし、「紅の衣」というのも、女装(じよそう)的存在といえると思います。
少なくとも鼠小僧の女装(じよそう)は、彼の個人的な趣味ということではなく、鎌倉時代やもっと昔までさかのぼれるようなものであって、罪人または男子の救済の問題が関わってくるような問題なのでしょう。
関連記事「幕末のアンドロギュノス」  「変生女子について」