さよならサマータイム・ガール

FMラジオで山下達郎の「さよなら夏の日」がかかっていました。
あたしはどちらかというとサマーシーズン・ガール。夏になると活発になって薄着でお出かけしたりしてました。今年はそうでもなかったかもしれません。

サマータイム・ガールという言葉が日記タイトル用にメモしてあったのですが、意味が違いますね。サマータイムとは、時間がずれることです。朝5時の日の出の時間を、6時ということにして一日が始まることですね。
早朝のお散歩で写真を撮って来たというマイフレさんもいらしたようです。
あたしの場合は朝が苦手なので、夕方の日暮れの遅い時間帯を有効に使っていたようです。

普通の人の人生でいえば、リタイア後の余暇の時間? そのときになって初めて人生の意味を考えるようになったという人もいましたけど、ずっと若いころから考えてた人もいます。
余りの時間のように見えるけど、それはパートタイムにも似て、とても大切な時間。
だからあたしも、少しずれてるサマータイム・ガール。
夕暮れが早く来てしまうのが、とてもさみしいサマータイム・ガール。

コメント

< 手が背中に回らない | top | ローウエストも考えもの >