手が背中に回らない

ワンピースが好きなのですが、10枚のうち4枚くらいは、背中にファスナーが付いてる感じ。ちょっと腕をひねったりして腕が痛いときは、手が後ろへ回らなくて大変です。そういうときは、お風呂で背中を洗うのも大変。

ちょっと痛めてしまうことは、昔からよくあったのですが、でも30代くらいまでは、すぐになおったのです。最近はなおるのに日数がかかります。すり傷なんかも、すぐには直らないですし、吹き出物なんかも要注意ですね。ちょっとでも傷ができそうな危険な作業は、なるべく避けて通りたいものですね^^;。

お風呂は、私の場合、基本的に手だけで、からだじゅうを全部洗います。お風呂ではあまりゴシゴシからだをこすらないほうが良いとアドバイスする人もいますね。
私は横着なところもあるので、石鹸を持って直接からだじゅうに塗ったあとで、手で撫でるように泡を立てて洗うわけです。昼間手だけ洗うときと同じやりかたですね^^;。
石鹸を直接肌に塗るので、使い込むと、逆に肌の油分が石鹸に染みこんできます。一度お湯で流して2回洗わないと、肌を指先で少し強めに撫でたときにツツツっというすべる音がする感じにはなりません。2回洗うのは髪を洗うときと同じですね^^;。 油分を全部落とさないほうが肌のためには良いらしいですけれど。
腕が痛くて、背中に手が届かないとき、お風呂マットに石鹸を塗りつけて、その上に仰向けに寝て、背中をこするように、からだをくねくねしたりしました・・・ ちょっと変な想像もはたらきそうですけど・・ .

コメント

< 桔梗の話 | top | さよならサマータイム・ガール >