盆踊りと若衆

<江戸の十二ヶ月シリーズ>

江戸時代の西川祐信の挿絵と思われる『遊色絹篩』という本だと思いますが、盆踊りのことが書かれています。
日本の盆踊りは、若者が恋人を見つけるためのイベントでもあったのですが、盆踊りについては親も公認の行事だったというところがミソなわけです。
この本は艶本なので文章もそのような表現がありますが、こんな感じです。

「正月より盆がうれしいとは、いかにきつねが七匹つくとて踊に歩く事 親たちも許し給ふ。なんの踊りが面白かろぞ、ほれたといふた男と連れ立つて歩き、夜明くるまでどこでもかしこでも宿も定めぬ軒の下、又は小宿の店の間の蚊帳のあちらで一踊り、声のかれるほどよがり、男の舌のひりつくまで口をすい、此思ひでをうつそりとしらぬ親たち、聞かれたら手をうたるるでござろふ。とかく踊りは四つすぎからと、出立つた姿も若衆のしりからも又して見さんせ。あすの夜は、はな紙たんと入て出ませふ。」

恋人とは、生物学的な異性に限らないようですね。

森鴎外の『ヰタ・セクスアリス』にも盆踊りのことが書かれています。

「これまでも度々見に往ったことがある。もっと小さい時にはお母様が連れて行って見せて下すった。踊るものは、表向は町のものばかりというのであるが、皆 頭巾で顔を隠して踊るのであるから、侍の子が沢山踊りに行く。中には男で女装したのもある。女で男装したのもある。」

コメント

< 別れ道〜男道と女道 | top | 稚児之草紙 >