腰幅の広がる姿勢

この日記の中では、2011年7月13日の「骨盤を広げる方法?」のアクセスが最近多いというデータが出ています。どうもMtFトランスジェンダーさんたちの関心が高いようです。でもこれはなかなかむつかしい問題ですね……。
肩幅の問題では、2009年10月17日に書きましたが、 肩甲骨は関節で背中に付いているのではないので、肩をすぼめてみたり、後ろへ引いてみたりして、肩幅を狭く見せる姿勢がどういうものか、すぐに気づきます。けれど、股関節は普通の関節なので、関節部分の位置は肩の付け根のように移動しませんし、普通に動かしても腰幅にあまり影響がないように見えます。
それでも、骨盤を前傾させる姿勢では、少しだけ腰幅が広くなると思います。

背筋を伸ばし後ろへ反らすようにして、お尻を後ろへ突き出すようにすると、骨盤は前傾します。モデルさんなどのポーズに多いですね。反らすといっても上体はやや前傾姿勢になります。
骨盤と大腿骨の角度を、棒立ちの姿勢が0度、座ったときが直角の90度とすると、骨盤の前傾姿勢では、45度は無理ですが20〜30度くらいになるといいかもしれませんね。それで腰幅が少し増えます。

昔の写真で説明します。
4枚の画像に、70,68,65,63という数字が書いてあります。この数字は画像の上からWとHの幅をピクセル数で計り、Hを一律に90としたときのWの幅です。からだの実寸ではありません。

70の写真は、上半身は少し前傾してますが、背筋はあまり伸びてなく、棒立ちに近い姿勢です。
68は、ぐっと背筋を伸ばした姿勢。壁に映った影を見ると、上半身は前傾し、お尻を突き出すような姿勢です。WとHの差が大きくなります。前傾姿勢なのでWはカメラに近く、Hはカメラから遠いことを考えれば、実際のサイズは67対90くらいになっていると思います。背筋を伸ばすことでWが細くなり、骨盤を前傾させることでHが少し増えます。
以上が姿勢の違いによる説明です。

65は、矯正下着でWを細くし、さらに骨盤も前傾させているので、効果十分です。
63の画像は、腰を折って腰掛けた姿勢で、サイズの割合は63対90です。Wが細くなったわけではなく、腰を折ることによって腰幅が広がるわけです。立ってるときもこのくらいの割合だといいのですが、そういうわけにもいきません。けれど、立った姿勢でも、骨盤と大腿骨の角度を、20度でも30度でも、少しでも角度を付けると、そのぶんだけ少し腰幅が広がります。

広がるといっても、H周囲のサイズで2〜3センチ前後でしょう。それでも違いは目に見えます。人によって違うと思いますが、メジャーでH周囲を計り、同じメジャーの位置を座った姿勢でも計り、その差が9センチくらいになる人なら、30度の前傾で3センチということになります。

「上半身の前傾姿勢」についてですが、「良い姿勢」の見本画像を載せているサイトを見ると、かかとから腰まで垂直で、上半身だけ前傾している画像が多いです。あれでは重心が前になってバランスが悪いです。お辞儀の姿勢では背筋を伸ばしたまま腰を折り、そのときお尻をぐっと後ろへ引いてバランスをたもちます。それと同じで、上半身が前傾したぶんだけ腰を後ろへ引くのが自然です。かかとからお尻まで10度くらい後ろへ傾かせ、上半身は10度くらい前へ傾かせ、さらに背筋を伸ばすことによって骨盤だけ10度くらい前へ傾けると、合計で30度くらいの角度がつきます。
両脚は後ろへ傾くわけですから、ヒールの高すぎる靴ではたいへんで、ひざが曲りやすくなるかもしれません。ひざを曲げて大腿骨だけ後ろへ傾かせると、骨盤と大腿骨の角度が更に増えることにはなりますが、見た目が良いものではありません。

ずいぶん長々と書きましたが、お尻を後ろに突き出すようにすれば、2〜3センチサイズが増える場合があるということです。

補足 1
下のコメントに書き加えたことは、「内股で歩くとお尻が大きくなる」
2008_3_31 内股で歩くと?
という情報と関連するのかも。

補足 2 6.17
横から見てお尻が背中より出ている姿勢には、もう一つ別の効果があります。
周囲の視線というのは、正面からよりも、実際は斜めや横からのものが多くなります。斜めから見てお尻が出ているのが見えれば、まあまあの腰幅があるように見えると思います。

私は若いころ、こういう姿勢を保つために、就寝中に腰枕を使いました。固めの大きな枕をウエストの下に敷いて、背骨を反らす姿勢で休みます。だんだんと、この姿勢が普通になっていきます。年配者にはお薦めできないかもしれません。

Trackbacks

コメント

Hatoko : 2012年5月17日 19:06

普通に立った姿勢てメジャーを当ててヒップ回りを計りながら、そのまま左右の爪先を外側に30度くらい開いてみました。マイナス1センチ。
今度はかかとを離して爪先が内側に30度向くようにすると、プラス1センチです。
内股の姿勢のほうが少し大きい数字になりました。昔の日本女性の立ち方ですね。

< 鳩子星・双子星 | top | Gスポットの発見? >