母はそのことを知っている

子どものころの話です。
私が内緒の女の子になっていたいちばん古い記憶は、小学2年生ごろです。それ以前のことはわかりません。ときどき聞かれることですが、性的ないしフェチ的なことや罪悪感などについては、そういう感覚や記憶は何もありません。ただ、つかのまの安らぎに似たものと、見つからないようにしなければという焦りのような意識ばかり思い出されます。2年生のときからそうでした。

2年生ですから、社会的な通念や道徳観から秘密にしようと考えたというわけではないと思います。もしかすると、スーパーマンなどの素性を隠したヒーロー物のドラマや漫画の影響で、ある種のスリルを楽しんでいたような面もあったのかもしれないと思ったこともありましたが、そういうものでもないのでしょう。そのときの日記が、2005年9月の「ヒヤッとする話」でした。

私は育児に縁遠かったので、育児書などを読んだことはなかったのですが、去年(2011)の8月にある育児サイトで見た言葉がありました。
「子どもは2歳ごろから親に隠れていけないことをする習性がある」
というのです。つまり、おねしょや、おもらしのことが一番でしょうね。それで母親に叱られたことがあるので、無意識のうちに隠そうとするらしいです。

日記の「幼き日の」にも書きましたが、そういう隠し事をする子どもの心理は、小学生の私が女の子のものを着ることを隠そうとしたのと同じようにに思えたのです。たぶん同じだと思います。ということは、私の記憶にないもっと幼いころに、母に見つかって叱られたことがあったのだということになります。

そういうとき、どうしてもお姉ちゃんと同じのを着たいんだと駄々をこねて泣きつづけたという子の話は、ずいぶん聞きました。ニューハーフさんとかの話です。条件付きで認めてもらった人もあるみたいです。あのときは大変だったと後で母親が聞かせてくれたので、本人の記憶にも残るのでしょう。

私が叱られたときは、どうだったのでしょうね。じつは3年生のときに、姉のパンツを一日はいていたのを見つかって叱られたことがあるのですが、そのときは、言い訳をしました。木綿のトランクスがゴワゴワしていやだと言ったのです。(それ以後はブリーフになりました)。
もっと幼児だったとき、私はそんなに駄々をこねる子ではなかったけれど、やっぱりその年齢なりの反応はしたのではないかと思います。3年生のときに、肌触りの問題にすりかえて言い訳したのは、3年生なりの知恵なのでしょう。

その3年生のパンツのこと以外は、私はすべて隠し通せたと思って来ました。でも、それは甘い認識だったと思うようになりました。幼児のころに叱られたことがあったのもほぼ間違いないでしょうし、たぶんほかにも……。とにかく母親というのはよく見ているものなのでしょう。心配しながら静観してたものと思います。

隠し通して来たと思うのは間違いで、隠し通すことによって心配はかけなかったというのも間違いだったということなのです。ただ、知っててもらってたほうが、かえってカムアウトしやすい環境なのかもしれませんけどね(もっと若ければですけど)。

トランス夢判断

夢判断ができるわけではないのですが、メモしてあった夢について並べてみます。内容は一部ほかのところと重複します。
最近の夢。

……その夢は、付いてたものが無くなってた夢でした。
なんとなくムズムズするので、手をのばして触ってみようと思ったのですが、なぜか手が動かないんです(金縛りにあったみたいに?)。
それで、起き上がってそのところを見ました。それは何年か前にどこかのHPで見たことのある、あまり上手な整形手術とは思えないような、そんな形をしてました。
それで、いつ手術したんだったか、一生懸命思い出そうとしたのですが、でも変だなとも思って、そのうちに目が覚めました。……

これは分類すると「大事なものをなくす夢」? そんなに大事なものでもないのですけど^^;
それとも「願望の実現」? 解釈は単純ですけどね。

去年の秋に見た夢は、ネットで公開した写真画像の中に、1枚だけ18規制みたいに男性とからんでるような、撮った覚えのない写真が交じっていたことでした。あせりましたね。ミステリーじみて恐い話でもあります。
でもいかにもネット時代の夢という感じ。撮った覚えはないのですが、知らないうちに撮られてたなんて、まさか……?^^;。

昔よく見たパターンは男の子でお出かけのとき遅刻する夢でした。学校の遠足の日の朝に見たときは、ほんとにドキドキしました。
自分はいつも他人より遅れていると、普段思ってたのは事実かもしれません。最近は図々しくなったせいか遅刻の夢は見ないです。
ほかにも同じような夢を繰り返し何度も見た1つのパターンがあったのですが、ちょっと思い出せません。

何年か前の日記に書いた夢。

……散歩してたら、向こうから歩いてくる人たちに見覚えがありました。それは高校のときの先生と男子生徒が2〜3人。気づかれたくなっかたので、あたしは歩道のそばの自動販売機の陰に隠れたのです。見つかったらもう学校に行けなくなると思いました。
でも変だなと思いました。高校生のころはこんなミニスカートで散歩なんかしたことはないし、変だとは思ったのですが、先生たちはどんどん近づいてくるので、そのことで胸はドキドキ、どうしよう、どうしようと思っていました。そのあとはよくおぼえていません。……

とっくの昔に卒業してるのに、夢の中ではまだ高校生。よくありますよね。
そのほかでは、カムアウトしてない人にカムアウトしてることになってる夢。
隠していた相手に知られてしまう夢とか、そんなのが多いです。

まるで散文詩のように

HPリニューアルも佳境に入ってきて、ついに……
日記の文章の全面チェックに突入してしまいました。

わかりにくい文章をたくさん修正して、短い文章が洗練されて、まるで散文詩のようになってしまったのも多いみたいです。

最近の江戸時代の本からの引用でいちいち現代語訳を付けてないのは、人によってはわかりにくいかもしれませんね。それはあとで考えます。
いくつものブログを更新しててたころは、油がのっていたように思っていましたが、乱筆乱文も多かったみたいで、いくつも削除しました。通算1200日ぶんの記事を1100くらいに減らしました。

複数のブログを合併したため、画像サイズがまちまちだったりしてますね。

チェックのときに気になった記事。
2007年1月の日記にメモした「トランスジェンダーの内面的なものは創作の形でしか表現できない」(FtMの"さとしの哲学書簡"さん)。メモだけで、鳩子自身のコメントは入れませんでしたが、大事なテーマだと思います。

それとは別にもっと気楽な日記を書いていきたい気もしてます

あやめ草

元禄時代の女形スター、芳沢あやめのインタビュー記事が、岩波文庫『役者論語』という本に載っています。「あやめ草」というタイトルです。

「女形は色が元なり」「平生を をなご(女子)にてくらさねば」というのは、有名な言葉です。

芸事についても、さまざま語られ、相手の役者についてですが
「下手を相手に取りたる時、その下手を上手に見する様にするが、芸者のたしなみなり」
これはなかなか高度な話ですね。「芸者」とは芸の達者な人という意味なんでしょうけど。
芸事のお話が多いですが、最後に「若女形」という言葉が出てきます。

「女形といふもの、たとへ四十過ぎても若女形といふ名有り、ただ女形とばかりもいふべきを、若といふ字のそはりたるにて、花やかなる心の抜けぬやうにすべし、わづかなる事ながらこの若といふ字、女形の大事の文字と心得よ」

四十過ぎても若女形。なかなか勇気づけられる有難いお話ですね〜♪。
「若」のイメージで生きること。新鮮さを失わず、いつも輝いていられるように……ということですね。
若衆の「若」も、同じような意味なんでしょう。

メンタル関連のアーカイブスを

連休中のHPリニューアルは、画像検索対策とリンク切れチェックでした。

4/28に書いたアクセスの多い3つ(クラインフェルター、江戸の春の画、日本の両性具有神)はほとんど画像検索でした。対策後はアクセスは減っています。そのかわりに、詩集menu、読書とエッセイmenu、などが入り、順当な感じです。解析外のAlbumも多いでしょう。

リンク切れチェックは、コメント欄のブログやトラックバック先が閉鎖になっているものなどのURLを一括削除しました。トラックバックはトラックバックそのものが消えましたので、2007年以後はなかったことになりました。もう時代に合わないのでしょう。

アクセスの多いのは、歴史物とフェチ物(肩幅骨盤テーマも含む)のページです。
もっとメンタルなこと、人生観や哲学にもかかわるような、そういうテーマは、書いた量は多いですが、まとまりもありませんし、テーマ自体も一般的に確立されたものでもなく、普通、検索するにもキーワードすら適当なものが思い浮かばないと思います。忘れな草紙アーカイブスで、そういうテーマのものをまとめられたら良いのでしょうね。

Gスポットの発見?

といっても日本の江戸時代のいわゆる衆道物の本からの話です。
『通俗堪麁軍談 巻十』安政3年(1856) という本のことが、『江戸の色道(上)』(舜露庵主人:著)に載っています。

吉原通いを満喫しているような男が、所を変えて「かげま」相手に、「例ふるものなき無量の美快」を体験する話です。
その最中に男は「穴中のしかけをとくと考ふるに、穴の底に"くくりめ"とおぼしき所あるといへども、子宮のごとくかたからず」と述べています。

「くくりめ」とは、そのまま「括り目」と読めば、少しすぼまっているような状態をいうのでしょうけれど、「子宮のごとく堅からず」といい、子宮と比較しています。そうすると、子宮と似たような上部の位置でそれほど堅くなくて、それでも他の柔らかい部分とは明らかに異なる刺激を感じさせたものとは……?、やはりそれは、Gスポット(前立腺)ということになりますね。「衆道全盛時代」ともいわれる江戸時代のことですから、Gスポットの発見くらいは、当然のことのように思います。女色については、あまり読んでいないので、わかりません。

腰幅の広がる姿勢

この日記の中では、2011年7月13日の「骨盤を広げる方法?」のアクセスが最近多いというデータが出ています。どうもMtFトランスジェンダーさんたちの関心が高いようです。でもこれはなかなかむつかしい問題ですね……。
肩幅の問題では、2009年10月17日に書きましたが、 肩甲骨は関節で背中に付いているのではないので、肩をすぼめてみたり、後ろへ引いてみたりして、肩幅を狭く見せる姿勢がどういうものか、すぐに気づきます。けれど、股関節は普通の関節なので、関節部分の位置は肩の付け根のように移動しませんし、普通に動かしても腰幅にあまり影響がないように見えます。
それでも、骨盤を前傾させる姿勢では、少しだけ腰幅が広くなると思います。

背筋を伸ばし後ろへ反らすようにして、お尻を後ろへ突き出すようにすると、骨盤は前傾します。モデルさんなどのポーズに多いですね。反らすといっても上体はやや前傾姿勢になります。
骨盤と大腿骨の角度を、棒立ちの姿勢が0度、座ったときが直角の90度とすると、骨盤の前傾姿勢では、45度は無理ですが20〜30度くらいになるといいかもしれませんね。それで腰幅が少し増えます。

昔の写真で説明します。
4枚の画像に、70,68,65,63という数字が書いてあります。この数字は画像の上からWとHの幅をピクセル数で計り、Hを一律に90としたときのWの幅です。からだの実寸ではありません。

70の写真は、上半身は少し前傾してますが、背筋はあまり伸びてなく、棒立ちに近い姿勢です。
68は、ぐっと背筋を伸ばした姿勢。壁に映った影を見ると、上半身は前傾し、お尻を突き出すような姿勢です。WとHの差が大きくなります。前傾姿勢なのでWはカメラに近く、Hはカメラから遠いことを考えれば、実際のサイズは67対90くらいになっていると思います。背筋を伸ばすことでWが細くなり、骨盤を前傾させることでHが少し増えます。
以上が姿勢の違いによる説明です。

65は、矯正下着でWを細くし、さらに骨盤も前傾させているので、効果十分です。
63の画像は、腰を折って腰掛けた姿勢で、サイズの割合は63対90です。Wが細くなったわけではなく、腰を折ることによって腰幅が広がるわけです。立ってるときもこのくらいの割合だといいのですが、そういうわけにもいきません。けれど、立った姿勢でも、骨盤と大腿骨の角度を、20度でも30度でも、少しでも角度を付けると、そのぶんだけ少し腰幅が広がります。

広がるといっても、H周囲のサイズで2〜3センチ前後でしょう。それでも違いは目に見えます。人によって違うと思いますが、メジャーでH周囲を計り、同じメジャーの位置を座った姿勢でも計り、その差が9センチくらいになる人なら、30度の前傾で3センチということになります。

「上半身の前傾姿勢」についてですが、「良い姿勢」の見本画像を載せているサイトを見ると、かかとから腰まで垂直で、上半身だけ前傾している画像が多いです。あれでは重心が前になってバランスが悪いです。お辞儀の姿勢では背筋を伸ばしたまま腰を折り、そのときお尻をぐっと後ろへ引いてバランスをたもちます。それと同じで、上半身が前傾したぶんだけ腰を後ろへ引くのが自然です。かかとからお尻まで10度くらい後ろへ傾かせ、上半身は10度くらい前へ傾かせ、さらに背筋を伸ばすことによって骨盤だけ10度くらい前へ傾けると、合計で30度くらいの角度がつきます。
両脚は後ろへ傾くわけですから、ヒールの高すぎる靴ではたいへんで、ひざが曲りやすくなるかもしれません。ひざを曲げて大腿骨だけ後ろへ傾かせると、骨盤と大腿骨の角度が更に増えることにはなりますが、見た目が良いものではありません。

ずいぶん長々と書きましたが、お尻を後ろに突き出すようにすれば、2〜3センチサイズが増える場合があるということです。

補足 1
下のコメントに書き加えたことは、「内股で歩くとお尻が大きくなる」
2008_3_31 内股で歩くと?
という情報と関連するのかも。

補足 2 6.17
横から見てお尻が背中より出ている姿勢には、もう一つ別の効果があります。
周囲の視線というのは、正面からよりも、実際は斜めや横からのものが多くなります。斜めから見てお尻が出ているのが見えれば、まあまあの腰幅があるように見えると思います。

私は若いころ、こういう姿勢を保つために、就寝中に腰枕を使いました。固めの大きな枕をウエストの下に敷いて、背骨を反らす姿勢で休みます。だんだんと、この姿勢が普通になっていきます。年配者にはお薦めできないかもしれません。

鳩子星・双子星



人は死ぬと星になるといいます。
星の世界では、彦星があって、織姫星があって、
やっぱり男女があるのでしょう。

私は、双子星の片割れが落ちて来ただけの存在なのかもしれません。

模様替

4/30にホームページの表紙の模様替をしました。記憶では2004年春以来? HPを始めてから9年間のうち8年はあのピンクの花柄というか、千代紙の花模様の壁紙などを使ったものでした。今回は、少しクールに見やすさ重視で、写真も小さめのものだけにしました。
まだ見てない人は、右上の「Home」のところをクリックして見てくださいね。

「国民機」ではなくて、なんでしたっけ、国産ワープロソフトで唯一頑張っている徳島のメーカーのHPソフトから、イラストを使っています。花瓶の花の絵が、何の花かわからなかったので、別のイラストを組み合わせて、5月らしく、あやめの花に作り替えました。

お部屋の花は毎日替えられるといいのですが、ま、ナマではなくイラストなので、月1回くらいにしようと思います。

菖蒲といえば、しょうぶの節句。菖蒲ならいいのですが、「尚武の節句」などと言われると、ゆううつになりますね。何故ゆううつになるのかというと…? それは前に書きました。

端午の節句」、2006年でした。

お部屋も模様替をして、新しい季節を迎えたいものですね。

| top |