「雛の後家」

3月3日が雛祭りでした。

平賀源内の『男色細見』という本に、茶屋案内のページがあります。いわゆる陰間茶屋ですが、人気の舞台子さん陰子さんたちの名前のなかに、「雛」のつく名前がいくつかありました。「瀧中雛蔵、中村雛次郎、中村雛松、嵐小雛」。「ひな」というのは、可愛らしい名前ということなんでしょうね。

奥村政信の『貝合 蛤源氏歌仙貝』という本には、お題1つに川柳が2つ、そういうのがにたくさん載っている絵本です。「ふたなり」をテーマにした川柳2つ。

左〜 鮑(あはび)貝 
 汐干がた 身をはなれてや あはび貝
右〜 かたし貝
 いつのまに 雛の後家かや かたし貝

意味はよくわからない部分もありますが、それなりに考えてみると、
「あわび」は一枚貝なので、よく片思いにたとえられます。二枚の貝を合せて、ぴったり合ったら相思相愛といった貝占いも一枚貝ではできません。
「潮干潟」というのは、つまり潮干狩をする場所ということでしょうね。目的は貝を取ることです。「身をはなれて」というのが一番わからないところですが、貝と身が離れるという意味でしょうか。「ふたなり」では合う相手もなかなか見つからないだろうけど、身一つになって飛び出せば、片思いではなくなる? そんな感じなのかどうか。

二つ目の句、「雛の後家」。雛人形をいつまでも片付けないでおくと、その家の女の子はお嫁に行けなくなると言われましたが、行かず後家になってしまうこともあるのかも? 
「かたし貝」というのは、2枚貝のうちの1枚で、合わされるべき片割れの1枚が見つからない貝のことですね。「後家」の「後」という部分に、"バックから"の意味を含ませているのかもしれませんね。何しろ艶本ですから。

江戸物で3月をテーマに、お雛さまのことを書いてみました。
1月7日には「七草」について書きました。2月の節分については、2010年5月に「おさのの物語」を書いてます。

Trackbacks

コメント

< キラリ | top | 1988 >