肩がぴったり

1990年ころはまだバブルで、肩パットを怒らせたOLさんたちがさっそうと街を歩いていた時代でした。
当時の肩パッド入りのスーツ姿の写真をというのは、いかにも時代を感じさせるものがありますが、写真のようなワンピースなら、言われないとわからないかもしれません。肩パッドを外せば大きめの肩が大柄な人物にぴったり合ってしまうのでした。
なので、ある意味で、ありがたい流行だと思いました。
でもあの時代はスーツなんて買う気にはなりませんでした。

みんなヒールの低い靴をはいて、夏でもサンダルなんてはきません。でもハイヒールはフォーマル用としては欠かせませんから、売っていないことはありませんでした。
問題はサンダルで、めったに売っていません。何年も前の売れ残りみたいなのがセールに出たのを買うくらいでした。サンダルが復活するのはバブル崩壊後2〜3年してからだったと思います。

Trackbacks

コメント

< 稚児桜 | top | サクラ、さくら >