男子から女子への輪廻転生の話

昔話で、人が生まれ変わる話……輪廻転生の話はよくあります。けれど、なぜか男子が女子に生まれ変わる話があったかどうか、あまり記憶にないのですが、それが不思議に思っていました。
最近『奇談雑史』という江戸時代の本で1つ見つけたので、あらすじではなく、その全体を現代語訳に書いてみました。ちくま学芸文庫の本からです。
『奇談雑史』巻六「高瀬氏の娘の事」という短い逸話です。

 伊勢神宮の外宮の神楽衆の一人に、高瀬宗太夫という者があり、妻との間に3人の男の子があった。のちに女の子1人が産まれ、「ゆき」と名付けられた。
 雪(ゆき)は、安永七年(1778)の秋、三歳のときに疱瘡を患った。母はそばで看病し、ある日、雪を抱きながら、ひとり言のように言った。
「雪よ。私の3人の子は皆男の子だったので、どうか1人の女の子が欲しいと神に祈って授かった子なのだから、どうかこの疱瘡を軽くしておくれ。お前が生まれる前、どこの国から来て私の子に生まれたのだろう」
 すると雪は、目を開いて母の顔を見つめ、「私は松阪より来ました。とゝさまの名は餅屋六兵衛、かゝさまはおもんと申します」と、はっきりした口調で言い、また目を閉じて眠った。
 母は驚き、側でこれを聞いた人も皆驚き、不思議がった。この話は人々の噂にものぼり、やがてその年も暮れた。
 年が明けて春、人伝てに話を聞いた松坂の六兵衛は、高瀬氏を尋ね来て、詳しい事情を語ってくれた。松阪黒田町で餅売りをいとなむ、名は赤塚六兵衛といい、男の子が一人あったが、松阪の大商人三井家に奉公に出たあと江戸の店に勤めていたが、疫病にかかって二十三歳で死んだ。この男の子は、常々「世にうらやましきは、伊勢の神楽衆なり。願はくは、未来その家に生れたきものなり」と言っていたという。その宿願が叶って、神楽衆高瀬宗太夫の家に生れたのだろうという。

幼くして、または若くして死んだ子は、どこか別の家の子として生まれ変わるものだと信じられていた時代です。看病しながら母が、この子は生まれる前はどこの国にいたのかしらと想像したというのは、このまま死ねば別の場所で生まれ変わることになって次はどこの国で生まれ変わるのだろうかとか、そうは思いたくないので、逆に、生まれる前のことを思い、思うだけでなく実際に口にしたのでしょう。何か呪文めいた、それを口にすることで病が軽くなるような、そういう効果を期待しての言葉と思います。むしろ、子どもの疱瘡のときは、どの親もそうしていたのかもしれません。将来の不安を口にすれば、それが現実のものになってしまいますから。ここまでの話は、世間によくあることだったのでしょう。
ところが病の雪は、突然目を開いて、松坂の餅屋六兵衛の子だったと、寝言とは思えないお告げのようなことを言います。そして餅屋六兵衛は実在の人で、息子を若くして亡くしたこともわかります。
その息子は、伊勢商人として江戸で働きづめで、23歳で亡くなったのですが、常日頃「伊勢の神楽衆はうらやましい。その家の子に生まれたいものだ」と言っていたそうです。

23歳は立派な青年ですが、そのくらいまでは、生まれ変わることもできたわけなのでしょう。
男の子ではなく女の子として生まれ変わったことに、何か意味があるのでしょうか。
当時の伊勢の神楽衆たちの中での、女性の役割というのは、調べてないのでわかりません。歌舞伎ではありませんので、女性も歌舞をしたとは思うのですけど……。

コメント

< アザミの花 | top | 鳩町通り3番地という >