オスの三毛猫

三毛猫といえばたいていはメスなのですね。でもごくたまにオスの三毛猫もいるそうです。

Wikipediaの解説を見てみましょう。
日本に多いらしいような?。
「1000匹に1匹程度」がオスと書いてありますけど、三毛猫1000匹のうち1匹程度という意味でしょうね。
Wikiには書いてないですが、三毛猫は品種の名前ではなく、毛の色が三色ということだけだったと思います。

なぜほとんどメスなのか、稀にオスがいるのはなぜかの説明は難しいですね。
wikipediaでは、親猫の遺伝子や染色体が組み合わさって子猫が生まれるとき、組み合せの条件によって三毛猫になるそうで、三毛の色はメスの性染色体XXと深い関係がありそうです。
メスのXXのうち「どちらか一方がランダムに胚発生の初期に不活性化されることにより、毛色がオレンジになる」……?。Xが片方しか活性化しないということは、ややオス(XY)に近い?といえないでしょうか。稀にオスに現われるクラインフェルター症候群は、性染色体がXXYという形で、その中に「XX」という要素があるので、部分的にメスに似た容姿を備えることもあるということでした。猫にもクラインフェルター症候群というのがあって、これも三毛猫になる要因の一つとか。それ以外にも、オスの三毛猫の原因はあるみたいで、専門用語で「モザイク」「遺伝子乗り換え」など話が難しくなります。

「福を招く三毛猫を船に乗せると船が遭難しないという言い伝えがあり、特にオスの三毛猫はその希少性のためからか福を呼び船が沈まないと言われ、江戸時代には高値で取引されていた」
三毛猫が航海の安全を祈祷してくれるみたいで、人でいえば巫女さんみたいな猫ですね。巫女というより男覡?
(漁師さんたちの船には女は乗れなかったので、ちょうどいいわけですね ^o^/)

コメント

< Alice Pinkie (一寸女子パート2) | top | 菊と野菊と源氏名と >