少年と少女

「少女」という言葉を広辞苑で調べてみると、
> (1)おとめ。むすめ。(2)年下の方の娘。妹娘。(3)大宝令で一七歳以上二○歳以下の女子の称。

昔は15〜16歳で成人ですから、17〜20歳とは結婚適齢期。江戸時代以前は「少女」と書いて「をとめ」と読んで、年齢はもう少し幅があるかもしれませんが、要するに青年男子の恋愛対象となる若い成人女子のことなんですね。「少」は若いという意味です。

「少年」については
> (1)年の若い人。わかもの。多く男子をいう。(2)少年法及びその関係法令では満二○歳に満たない者。児童福祉法では小学校就学から満一八歳までをいう。

こちらは現代の法律用語の説明に力点が置かれています。法律では20歳ないし18歳頃以上を成年とみなして、「少年」は未成年のこととしています。
「少女」が成人女子のことだったのに、この違いは何でしょう?

広辞苑の「少年」の「(1)年の若い人。わかもの。多く男子をいう」というのが説明不足なのでしょう。江戸時代以前の本では、「少女」と同様に、成人した16歳から20歳くらいの男子を少年と呼ぶことが多いのです。つまり、少年とは古典の世界では少女と同様に若い「成年」のことなのです。
けれど現代の法律では「未成年」の意味で使われます。
そのことから古典の世界にみられる「少年愛」について大変な誤解をしている人も多いようですね。

Trackbacks

コメント

りんにゃ : 2011年10月1日 23:33

勉強になりました!!
自分は受験生なので、かしこくなった気がして嬉しいです^^

ありがとうございます。

鳩子 : 2011年10月2日 17:09

りんにゃさん、こんにちは
そうなんですよね。それから
題名だけは有名な『ロリータ』という映画がありますが、女子大生と大学教授の年の差カップルの話なのです。そこからロリータ・コンプレックスという言葉が作られて、拡大解釈が広まってしまったらしいです

< 若衆への敬語 | top | 中性的なしぐさ(座り方) >