お手玉とウツ

お手玉のことなのですが、九州のほうのお医者さまで、お手玉療法というのを実践されている先生がいらっしゃるようなことを聞きました。
ちなみに、鳩子はお手玉はまったくできません。

「不安障害患者に対するお手玉治療効果」
「うつ、不安、パニック、不登校、認知症がお手玉で続々軽快!薬いらず!」
なるほどね。できたらいいですね、お手玉。

「視覚を司る後頭葉が活性化して視力の改善例が続出」
視力は問題ないです。おかげさまで老眼も進んでません。早い人は40代から進むらしいですからね。ただそういう視力だけでない、いろんな視覚の問題があるのかもしれません。

「うつ」というのじゃないのですが、なんとなく気が重いときなど、羊が一匹じゃないけれど、数字の計算みたいなことをしてると、気持ちが落ち着くときがあります。このカテゴリ「美容と健康」には、よく数字が出てくると思います。平均値は女性5で男性10なら、7.5とはいかないけれど、8ぐらいに見なければとか、そんな計算をよくしています。
最近ワコールのサイトで見たのは20〜30代女性のアンダーバストの平均は70で、50代では77センチ。な〜んだ鳩子はずっと+3で来てたんじゃないの、と思って安心したり。

Trackbacks

コメント

< ホームページのアイコン | top | 8月10日に泣いた鳩 >