女性のコメント、男性のコメント

若い人たちは、最新のファッション雑誌などをたくさん読みますから、最新の用語などでわからない言葉があっても、とりあえず置いといて、どんどん先へ読み進むと思います。ただし本や新聞を読むときも同じ調子なので、わからない言葉を辞書を引いて覚えるということをしない人が増えてるそうです。(以上は前置きです)

ここからが本題ですが、ある程度の年齢以上の男性の中には、わからない言葉があると、もう先へ進めない人が多いようなのです。この年になって新しい言葉を覚えてもしょうがないと考えて、読むのを止めてしまうようです。
けれど、女性の場合は、わからい部分を保留にしておいて、先へ進むことが得意のように感じます。

一例としてはやはり鳩子のブログで、一部の人を除いて、男性やTV的な人のコメントが少ないのは、読み通そうとしてみるけれど結局全体を把握できないからというのが理由のようですね。女性やTG的な人は、部分的な話題を拡大して楽しむ習慣がありますので、コメントもしやすいようです。短い文章の割りには話題性の詰まったような書き方もしていますし、1つの教訓的な結論を出す意志がないというのもあります。

女性的な思考が、一部分を保留にすることが得意なのは、なぜでしょうか。保留といっても思考が止まってしまうわけではなく、微弱ながら続いてゆきます。つまり複数の思考が同時に進むというわけですから、「ながら族」のところに書かれているような理由ではないでしょうか。
けれど男性の中でもリーダーとなるような人は、一部の判断を保留しながら全体を掌握できないといけないのでしょうね。

Trackbacks

コメント

< サマークリスマスに99万ヒット | top | 毎日が秋休み >