夏になると

暑くなりました。クールビズというのが流行っているみたいで、半袖のワイシャツ姿の男性が多いです。
男装洋品の中では、ワイシャツは長袖しか家にありません。半袖は日焼けしますからね。
ずっと以前は、夏物のカジュアルなブレザー(男物)は、よく着てました。このごろは見かけないでしょうけど、男物の夏の普段着のブレザーなんて、おしゃれだったですよね。

ほかに男装洋品で持ってないものは、ズボンのベルト。中学校の学生服以来、縁がないです。ズボンのベルトは何のためにあるのかしら、いろいろ考えてみたのですが、たぶん落ちないようにするためではないかと思います。Yahoo知恵袋にもありました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1160910651やっぱりくびれが少ないと落ちやすいのでしょう。
それから男性ズボンはウエストの位置が低すぎるので困ります。あるトランスさんで、まあまあ腰幅もあるのにウエストの位置の低い人の写真を見たことがありますが、ふだん男性ズボンのベルトをしてらっしゃるのかもしれませんね。せっかく腰幅のある体形に生まれたのなら、ウエストは高い位置でキープすべきだと思います。10代のころからベルトはやめるべきだと思います。

夏の男装で困るのは、Tシャツ1枚でドライブのとき。シートベルトが左胸の内側に触れてくすぐったいのですが、左手でシートベルトを浮かせて、右手で片手運転というのは危険かもしれませんね。ネットで調べたら、シートベルトパッドというのが市販されているそうです。鎖骨から胸までカバーできるそうです。男装でないときに助手席に乗せてもらうことがありますが、そういうときあまり不都合を感じたことがなかったのは、シートベルトでなく、胸のほうにパッドが入ってたからなのでしょうね ^^;。

Trackbacks

コメント

< 6月の終わり | top | ヒップパッドを作る >