2011年の

今年の10大ニュースというと、地震と原発事故が一番になりそうです。
1万年くらい前には関東平野の半分くらいは海だったそうですが、そういう場所は、未来の1万年後に海に戻ってるかもしれないし、日本の海岸はどこもそんな感じらしいのですが、そんなところによくもたくさんの原発を建てたものです。
あたしたちのふるさとの半分は、また海に沈むとしたら、日本列島というのは本当に儚いものです。日本の古い物語は、儚いものへの涙や、滅んでいくものへの哀切や感傷とか、無常感なんていう人もいますが、すべてがなくなることをあらかじめわかっていたようなところがありますね。
でもまた再生することもないわけではないのかもしれません。

今月から日記のアップのとき、とてもスムースにできます。atpagesさんも改善されたのかも。

Trackbacks

コメント

< 月代(さかやき)と色子帽子 | top | 陰と陽が入れ替わると? >