男は1万回女になる?

太宰治の「女人創造」という随筆に、
「或る外国人のあらわしたショパン伝を読んでいたら、その中に小泉八雲の「男は、その一生涯に、少くとも一万回、女になる。」という奇怪な言葉が引用されていた」

という文があるのですが、どういう意味なんでしょうね。成人後の50年としても、1年に200回、週に4回くらい?。どこかのパートタイムTGさんみたいですが^^;
でも、とにかく、男というのはいつも揺れ動いてる存在なのかもしれませんね、たぶん。

さて話題変わって、ナースさんの写真。白でなく赤ですが、コスプレっていうたぐいのものなんでしょうね。ちょっと画像がぼんやりしすぎています。

Trackbacks

コメント

< 江戸文化、見たり読んだり、大研究 | top | 伊勢物語俳諧豆男 >