夢中になり平

江戸時代の絵本を読んでみましょう。
右の枠の中の題名からです。
 「業平豆男と夢中に兄弟の契約」
業平とは在原業平のような色男のこと。豆男とは覗き見を趣味とする空想上の小人のことですが、からだは大きくもなります。二人が夢の中で兄弟の契約したそうです。そのとき俳句をよみ交わしたようです。
 「夢中になり平一句」
夢の中で業平が俳句を一句よみました。「夢中になり」の洒落もあります。
 「兄分に 頼む香もなき 栴(せん)ぼうし」
兄分に頼むとは、兄弟の契約をして兄分になってくれという意味でしょう。「栴」は栴檀のことで、粉末にしてお香に焚きます。「栴ぼうし」とは、たぶん粉末を帽子のように盛った状態のことを表現したのではないかと思います。俳句の意味は、あなたを兄分に頼もうと思ったが、その帽子の香りも髪の香りもしないではないか、という意味でしょうか。絵を見ると相手は坊主頭ですから当り前? ^^。
 「豆男一句」
それに対して、豆男の一句です。
 「座禅豆 悟をゑたり 九年ぼう」
座禅豆とは「黒豆を煮しめたもの」で、尿意をがまんするのに利き目があるそうです。九年ぼうとはおそらく辞書にある「九年母(くねんぼ)」のことで、ミカン科の植物で、香りの強い花をつけ、実も甘く香ぐわしいものだそうです。香りに関する言葉を使って、業平の句を受けたものと思います。意味は、何年も(九年も?)がまんしてきたので、悟りを得た、だから九年母の香りがするはずだ、ということでしょうか。
 「豆男
  頭巾をぬいでは坊主で 色がとれぬ
  かつらをきて男になりて名かへ村沢幸十郎と申候」
絵を見ると、坊主の男が肘ををついた右手に脱いだ頭巾を持っています。頭巾をかぶって業平に逢いに来たが、「男になる」とはこの場合、一時のことであっても坊主ではなくなって世俗の男になるということでしょう。業平は刀を差した小姓の姿です。
左下にも薄っすらと文字の跡がありますがよく読めません。

こたつの中で」で見た川柳
 「火燵びに かを折烏帽子 たてゑぼし」
ここにも香りと帽子のことが出てきますが、「香を折る」というのは、よくわかりません。
絵はどちらも奥村政信。

Trackbacks

コメント

< 姿勢の問題 | top | 江戸文化、見たり読んだり、大研究 >