アンドロギュノス

アンドロギュノス
画像は、既に閉鎖になったあるサイトからいただいた絵です。
ギリシャ神話のアンドロギュノスをモチーフにした絵で、当サイトでいちばん多く読まれている「ギリシャ神話とアンドロギュノス」のページで使用したのは、2004年11月のことでした。

「古代の最初の人間は、頭が二つに手足が四本づつあって、今の人間二人が背中合わせにくっついたような形で、丸いからだをしていました。男と男がくっついたもの、女と女、そして男と女の組み合わせの、三種類の人間がありました。この男と女が一体となっていた人間のことを、アンドロギュノスといいます。」

太古の時代、いまだ性別が未分化の時代の両性具有の存在というわけですね。
それとは別に、ヘルメスとアフロディティの愛の結晶であるヘルマフロディトスという美少年も、両性具有的な存在でしたが、こちらは一度分れた性別が1つのものに復元してゆくような存在ともいえます。

絵では、足は3本のようにも見え、上半身から分れているようにも見えますが、画家のイマジネーションによるものなのでしょう。15世紀の古い本に描かれていた絵だそうです。

Trackbacks

コメント

< HP移転作業ほぼ完了 | top | 今度の広告 >