あるヰタ・セクスアリス

インターネット時代の前に。何度か手紙のやりとりをした(トランスの)お友だちのことを思い出しました。C県の人は、林静一の絵のようなイラストが上手な人で、N県の人もちょっと現代風な着物美人の大きな絵の前で撮った写真を見せてくれました。けっこう芸術的センスのある人が多かったみたいです。
お手紙の内容は、身近なできごとが書いてあるのですが、何行か書いては、あなたはどう思うかとか、あなただったらどうするかとか、そういう言葉が必ずありました。ごく普通の手紙です。
N県の人は大きいサイズの靴の入手法とか、情報収集に熱心のようでした。C県の人は、あるとき、ちょっとヰタ・セクスアリスのような、そんなことが書いてあったときがありました。遠まわしに書いてあったのですが、全体を読んでみると、一人での行為のことで、なんていうか……あれは男の子的なやりかたの話だったかもしれませんね。こういう話も懐かしいものですね。

Trackbacks

コメント

< 雨の日のアルバム | top | HP移転作業ほぼ完了 >