ヨーロッパの中世の

アクセスログを逆にたどって横道にそれて珍しいものを見てくる、ということを久しぶりにしてみました。
見つけたのは、『埼玉学園大学紀要』、それに載ってたのが「異性装から見た男と女」(赤阪俊一氏)の数回のシリーズで、ヨーロッパの中世のことが書かれてありました。

中世のヨーロッパでは、女性が男装の聖職者になっていた例がけっこうあって、それは、極端な男性中心社会の中で、男になることが宗教的な救済であり、そうした女性たちの評伝のようなものも多く、必ずしも社会から否定的には見られていなかったようなお話だったと思います。
また、男性の女装(じよそう)は、演劇などの遊戯的なものを除けば、さまざまな形があったけれど、反社会的なものと見られていたそうです。

男装の聖職者の伝記などでは、本人が亡くなって葬られるときに、はだかにされ、そのときに初めて女性だとわかるというシーンが必ずあって、それが物語のクライマックスになっているとか……。ちょとこういうのは気になりましたね。いかにも男性視線の物語です。そういうようないわば好色的な意味での男性視線にとどまらず、引用される文献などのどれもこれもが男性中心主義のような考えで貫かれているわけです。なので読んでいてそんなに楽しいものではありません。

ああいった男権主義は本当に当時の庶民生活のすみずみにまで徹底されていたのでしょうか。暗黒時代といわれた中世のヨーロッパの話は、どこまで本当なのでしょうか。近世初期のボッカチオなどの物語が突然誕生すると考えるのは不自然に思えます。
日本でも、江戸時代暗黒時代説のようなものがあったらしいですが、時代も近くて豊富な資料が残っていますので、それらによってどんどん否定されています。でもヨーロッパの中世は、ずいぶん昔のことです。無理に女色をたったような男性聖職者たちの書き残したものしかないとすれば、なかなか実像はわからないのかも。
それともちょっとパラノイア的なところのある男性聖職者たちの書いたものを精神分析的に考察するのはどうでしょう。

秋の虫

静かな夜に、窓の外では虫の声も聞えています。
少し秋らしくなってきました。

マンガの枕草子を読んだら、虫の声のほかにも、夜の灯のもとで本を読んでいるとき、小さな虫が1匹舞いこんできて、本の紙の上で遊んでいるような姿が可愛いらしいと書いてありました。現代では家の中で見かける虫はゴキブリくらいになってしまいましたが、子どものころ部屋の明かりを消して小さなスタンドだけで本を読んでいたとき、2〜3匹の虫が迷いこんでくることもありました。

蟻が水たまりの水の上を足をばたばたさせながら渡ろうとしている姿も可愛いらしいと書いてありました。人間なら沈んでしまいますからね。

今度の広告

HP移転から8日たちました。
atpagesはiswebよりも広告が少なくて良いと思います。ただしGoogleの広告なので、変な広告が出ないか心配はありました。
それについては、2007年6月以前の日記ページのカテゴリ名で今は「トランスジェンダーと……」となっている部分は、700ページくらいを変更したわけです。元は「……」の部分は1文字めが女、2文字めが装、3文字めが「と」でした。これがあると、「強制〜」とかのアニメ広告ばかりになってしまうことを危惧したからです。その言葉は、歴史的な現象を総称するときなどに使うことはありますが、ほかではめったに使わない言葉ですから。「忘れな草紙」では「トランスジェンダー・性同一性障害」というカテゴリ名でした。

今現在の、このページの広告は、何かのオークションの商品広告です。ほかのページでは、文学系の太宰治のイベントの広告、音声女性化、豊胸などの広告を見ました。
HPのトップにアニメの広告が多かったときがあったので、トップページに「手塚治虫」の4文字がないようにしたら、収まったような感じもありました。

今日の夕方以後は、「女性 下着」の広告が目立つのですが、よくわかりません。リンクからHealthy Beautyさんのショップのサイトを何ページか見てきた履歴のせいなのか、よくわかりません。Googleの広告は、地域とか、そのほか見る人によって違う広告が出ることもあるようです。
まあ、あまり気にしてもしょうがないと思いました。

今日は旧サイトからジャンプしてくる人よりも、Googleから新サイトへくる人のほうが多くなりました。心配したアクセス減はないようです。ショップ系・情報系サイトのリンクもみんな更新していただきました。個人サイトがまだのところが多いですが、snsやブログと違って衰退の時代になっているのかもしれません。残っている鳩子のHPは、もう「情報サイト」といってもいいのかも?

アンドロギュノス

アンドロギュノス
画像は、既に閉鎖になったあるサイトからいただいた絵です。
ギリシャ神話のアンドロギュノスをモチーフにした絵で、当サイトでいちばん多く読まれている「ギリシャ神話とアンドロギュノス」のページで使用したのは、2004年11月のことでした。

「古代の最初の人間は、頭が二つに手足が四本づつあって、今の人間二人が背中合わせにくっついたような形で、丸いからだをしていました。男と男がくっついたもの、女と女、そして男と女の組み合わせの、三種類の人間がありました。この男と女が一体となっていた人間のことを、アンドロギュノスといいます。」

太古の時代、いまだ性別が未分化の時代の両性具有の存在というわけですね。
それとは別に、ヘルメスとアフロディティの愛の結晶であるヘルマフロディトスという美少年も、両性具有的な存在でしたが、こちらは一度分れた性別が1つのものに復元してゆくような存在ともいえます。

絵では、足は3本のようにも見え、上半身から分れているようにも見えますが、画家のイマジネーションによるものなのでしょう。15世紀の古い本に描かれていた絵だそうです。

HP移転作業ほぼ完了

ホームページの移転にともなって、旧ページから、新しいページへ自動でジャンプするように変更しました。全てのページ、1300以上のページについて、なんとか変更を完了しました。サイト移転にはこういう方法が良いと書いてあるサイトもありましたので。グーグル等で見つけた人が移転先へジャンプできるようにです。今は旧サイトには、そういうただのジャンプするページの他には、内容のあるページは残っていません。画像もリンクバナー1つを除いて全て削除しました。あちらのスペースにはもう手を加える必要はほとんどなくなりました。
グーグルにサイトマップも登録しました。
画像は何年か前の雨の日で、5月だったかも。

あるヰタ・セクスアリス

インターネット時代の前に。何度か手紙のやりとりをした(トランスの)お友だちのことを思い出しました。C県の人は、林静一の絵のようなイラストが上手な人で、N県の人もちょっと現代風な着物美人の大きな絵の前で撮った写真を見せてくれました。けっこう芸術的センスのある人が多かったみたいです。
お手紙の内容は、身近なできごとが書いてあるのですが、何行か書いては、あなたはどう思うかとか、あなただったらどうするかとか、そういう言葉が必ずありました。ごく普通の手紙です。
N県の人は大きいサイズの靴の入手法とか、情報収集に熱心のようでした。C県の人は、あるとき、ちょっとヰタ・セクスアリスのような、そんなことが書いてあったときがありました。遠まわしに書いてあったのですが、全体を読んでみると、一人での行為のことで、なんていうか……あれは男の子的なやりかたの話だったかもしれませんね。こういう話も懐かしいものですね。

雨の日のアルバム


今年の9月は、そろそろ雨が恋しいと思います。
そこでアルバムのテーマの一つとして、「9月の雨」というのはどうでしょう。9月の雨の日に撮影した写真を並べるわけです。

そのほかに考えていることは、「後ろ髪」。後ろ姿の写真集です。

それから「Sleeping Beauty」のその2。目を閉じて写ってしまった写真でも、雰囲気の良いのがいくつかあります。昔の写真では、よく目を閉じてしまったのができてたのですが、なぜか最近は少ないです。なぜなんでしょうね。

「おねえさん」と「子ども」

20年も前のことですが、母親くらいの年のトランスのお姐さんに対して、手紙で「おばさま」と書いてしまったら、返事の手紙にチクリと「おねえさん」と呼んでほしいようなことが書かれてありました。そうですね。失敗でしたね。
私自身は今の年齢になって、おばさんでもかまわないのですけれど、トランスの関係者の中には、お店に勤めている人の割合が比較的多いですし、そういう世界では「おばさま」ではしっくりこないというのもあると思います。芸者さんは70歳になっても何歳になっても、お姐さんです。
それと、時代の変化というか、昭和20年代にはNHKに「歌のおばさん」という人がいましたが、40年代以後は「歌のおねえさん」になったような、そういう世間の影響もあるのかも。

江戸時代の若衆(若衆歌舞伎などの若衆)も、何歳になっても若衆です。
鳩子もごく最近でも「女の子」と呼ばれることがあります。
江戸時代では、舞台子や陰間は「こども」と呼ばれることもありました。小児愛ではありません(念のタメ)。愛らしいものをそう呼んだのでしょうね。

中世以前の牛飼の童なども、子供ではありません。和泉式部の部屋に入れてもらった牛飼童は、美形の青年だったと思いますが、こういう童も何歳になっても童です。海童といえば、ポセイドンのような神様のことですが、神そのものや、世俗と離れた神仏に近い人たちを、童と言ったわけなんでしょうね。昔の稚児というのも同じです。稚児愛を小児愛とみるのは間違いです。
稚児物語の「秋夜長物語」については、前にも書いたことがありますが、加筆しようと思いましたが、そのままこちらにもアップしておきました。
『秋夜長物語』(中世稚児の物語)
鳩子のばあいは、いつまでたっても子どものような部分があるのですが、それはまた別の問題です。

新URLでのスタート

新URLでのホームページそのものは一日でアップロードを完了しました。
けれど最近は検索エンジンからのアクセスが主体になっていますので、今後しばらくは数字的にはアクセスの低迷が予想されます。
元のサイトには、まだ日記が全部残っています。早く全部消してしまったほうが良いのかもしれませんが、とりあえず画像から少しづつ削除して行く予定です。

こちらは他愛のない記事でも当分は毎日アップして、毎日ピングを飛ばす予定です。
相互リンク先へ、アクセスの多いサイトから順に連絡を始めましたが、連絡方法がわかりにくいサイトもありますね。

★補足 12日になりましたが、いろいろ登録した関係で、以前よりアクセスが増えています。昨日の今日なのにGoogleからも2〜3来ています。

さよなら isweb

本当に引越すことになりました。
infoseekのiswebが10月末でなくなるというメールが今日9月10日に来ました。びっくりしましたね。他社が事業を引き継ぐことは一切なくて、インフォシークにアップしたホームページの何もかも全部が、50日後には消えてなくなります。
あまりにスピーディでわかりやすい話なので、引越しもスピーディにやりたいと思います。
引越し先は、atpages というところに決めました。秋分の日までに完了して相互リンク先に通知します。10月末までに返信のないサイトはリンクの継続が困難になります。

<9月11日追加>なお、ご覧のこのページは、引越し後のページです。一日でこちらで見られるようになりました。

歴史上の人物で女性説のある(その2)

その1を書いたのはもう半年前ですか……。
その後、『つくられた卑弥呼』(義江明子著、ちくま新書)という本をぱらぱら見てたら、面白いことが書いてありました。
古代の九州地方にクマソという国があって、クマソタケルあるいは川上タケルともいう兄弟が治めていました。兄弟はヤマトタケルと戦ったことで有名ですが、異伝ではヤマトタケルの父の景行天皇と戦った話もあるようです。この兄弟のことなのですが、「弟」と書かれていても男であるとは限らないという話。
そうでしたね。兄とか弟とは、兄弟姉妹の中の年長者と年少者を区別するだけの言葉だった時代がありました。龍宮の乙姫さまも、その名前の意味は弟姫で、姉妹の姫のうちの年少の姫という意味です。ヤマトタケルの后の名も弟橘姫でした。
『古事記』などに登場する兄ウカシ弟ウカシの兄弟も男とは限らないことになります。こういう発見は面白いですね。日本の男色またはゲイの起源ともいわれるアヅナヒの罪の話も、実際に読んでみたら二人の人物の性別は書いてなかったですから、薔薇でなく百合の起源になるかもしれませんし?

『つくられた卑弥呼』はあまり面白くない部分もあります。巫女であることよりも、政治的軍事的指導者であることが、価値の高いことだとするのは、著者の価値観なのでしょう。卑弥呼は雄略天皇に似て雄々しかったといったようなことも書いてありましたが、古事記や万葉集の相聞歌を素直に読めば、雄略天皇はああいうイメージではなかったです。若々しく情熱的で不思議な体験を引き寄せる能力のある人というイメージです。
歴史上の人物で女性説のある(1)

| top |