1200dpiで


古いインスタント写真を、スキャナしてみました。解像度は1200dpi。
写真はフジのフォトラマで、全身のショットです。顔幅が5〜6ミリほどに写った小さな写真ですが、スキャナした画像では、まつ毛もちゃんと見えているので、ちょっと新鮮な感動です。

以前にアップした左の写真の目の部分の拡大になります。

フォトラマは性能は良かったですよね。神田のあそこのカメラはいつもストロボが強めで、顔のシワを飛ばして綺麗に真っ白に写してくれるのが評判だったのですが、全身ショットでは被写体から離れるので光が強過ぎなくて自然な感じになります。

写真全体をスキャナすると長さ3200ピクセル以上になりますが、ゴミだらけでした。小さいほこりの微粒子が、拡大されて大きなかたまりに写ってしまうようです。スキャナと写真の両方を念入りにクリーニングしてから再挑戦したいと思います。
スキャナの性能は光学解像度、主走査:600dpi、副走査:1200dpi、なので、ぼやけている点は、おおむね写真のプリントの問題と思います。

Trackbacks

コメント

< 8月10日は | top | サービス版プリントを1200dpiで >