爪とキス

ある日の朝、爪が5ミリ以上のびていることに気づいたので、爪の先の左右の端だけ少し切ってみたら、平板な楕円の形だったものが細長い卵形になって綺麗に見えたので、自己満足していました。でも夜になってから全部切ってしまいました。

昔おばあちゃんに「夜に爪を切ってはいけない」と教えられてことを思い出しました。
そのいわれについてなのですが、大人になってから見たものの本によると、むかし罪を犯した人が爪を切られて(時には抜かれて)、それを祓物として差出すしきたりがあって、古代のことですから、その人が再び悪い事をしたとき、その爪に呪文を掛けられると、本人の命もなくなってしまうこともあったそうです。いわば執行猶予のための道具みたいなものなのですね。彼らの爪は夜に切られたので、縁起が悪いわけなんでしょう。

爪以外にも、からだの一部だったものは呪術の対象になりました。
髪の毛は、切られてもそこからパワーが出て、御守りになったりします。むかし兵隊に行く人が、女性の体毛を御守袋に入れたというのも、そうなんでしょう。

唾液は爪に似たところがあるみたいです。おすもうさんが取組みの前に口に水を含んで、口をすすいで吐き出しますが、神社仏閣の参拝のときもありますね、口を清らかにして清い心で臨むためです。ある説によると、外へ出した唾液に対して呪いを掛けられても、自分にはやましい心がない、清い心なのだという証明のためのものらしいです。
恋愛関係では唾液は吸ったり吸われたりします。吸いたがる人と吸われたがる人と両方いるかもしれません。江戸時代は口吸いと言ってましたが、それにマジカルな意味があるのかどうかよく知りませんが、解説してある本もあるのかもしれません。セックスは男性側が一方的に抜かれるだけになります。ある時代には、それは男性の弱さを意味したのものなのかもしれません。またある時代には、犬が電信柱に対してそうしたように、占有権を主張する男性もいたのかも。
昔のお便所には、人のからだの一部だったものがたくさん溜っていましたから、間違いのないように、厠神をおまつりしたわけなんでしょうね。

Trackbacks

コメント

< 同じような体験 | top | なつかしき友愛 >