タイムカプセルに

古い少年サンデーによると、1966年10月12日、アメリカのマサチューセッツ州ウスターで、タイムカプセルの「埋葬式」があったそうです。埋葬式という表現がいいですね、無理に新しい造語を作らなくて。
このタイムカプセルには、500年後の人々に送るメッセージと、その時代のいろんな物が収められているそうで、マンガ本やレコードなども入ってるそうです。あと456年後に掘り出されることになりますが、博物館へ行けばレコードプレーヤーも保存されていると思います。

500年か400年後のトランスさんたちに開けて見てもらうタイムカプセルがあるとしたら、何を入れましょうか。一般の女性用品でないもので何があるでしょう、シリコン製品は溶けてしまってるかもしれませんね。やっぱり写真くらいでしょうか。手製のCD-Rは読めなくなってると思うので、紙にプリントしたものでないとだめでしょうね。鳩子の写真も一枚くらい入れてもらえたら、面白いかも。ホームページは残り続ける可能性もあるのかしら。

Trackbacks

コメント

< 出生の秘密? | top | 強いなんとか >