江戸時代の艶の本

1週間ほど前に、ホノルル大学のwebサイトで江戸時代の艶本が何百冊も公開されているのを見つけたので、そのうちのMtF系(ないし男色)のものを、ずっと見ていました。今まであまり知られていなかった本もいくつかあるようです。
江戸時代中期の西川祐信の絵入りの本に面白いものが多かったです。

『諸遊芥子鹿子』(文章作家は不明)がいちばんかも。これは交際のガイドブックのようなもので、現場の取材がもとになっているような本です。文章部分は「遊色絹篩」という題になっていて、その中の「野郎絹篩」という部分だけでも40ページ以上。野郎とは女郎に対しての言葉ですが、普段は野郎歌舞伎の役者で舞台子ともいいました。表舞台に出られない役者を「陰子」というようになります。文章部分はwebサイトでは「逸題艶本」となって別の本の扱いになっていますので、検索のときは注意してください。この本は復刻版が出たこともあるようです。

『ねやのくすり』は実話形式の本で、衆道関連の7話が収録されています。人生の浮き沈みといったかんじ。
『風流足分船』も実話形式ですが、武士の話ばかりで、ゲイ系といえるかもしれません。11話のうち「むさし野の友ぐひ」で若い浪人が女姿で夜のちまたに立つ話があります。
『淫楽勧進能』と『好色一代能』は、能や狂言のパロディ集のような本で、女色男色混在でナンセンスギャグの話ばかりです。

以上はすべて西川祐信の絵入りの本で、関西で出版されたものらしいです。

Trackbacks

コメント

< 花物語と少女漫画 | top | 若道と美道 >