行楽の秋

世界が明るくなったような写真ですよね。
これはセルフの撮影で、カメラは押すだけしか知らないのですが、ときどきこういうふうに光が強すぎて撮れることがあります。雰囲気はいい写真だと思います。

行楽の秋、関東で人気なのはやっぱり箱根でしょうか。
江戸時代に箱根には関所があって、「入り鉄砲に出女」といって、江戸から出て行く女、特に大名家のお姫さまなどが変装して出て行かないように、厳しい取り締まりがあったそうですが、こんな狂歌があります。

 どうしても男と見えぬ女形 半時かかる関の改め

1時間(半時)も調べられるのはたいへんです。

 むづかしや関で見らるる若衆の乳(ち)

男の役人ではなく「改め婆」という老女が、からだを見てセックスチェックをしたそうです。

 若衆の美し過ぎて関所で念

念を入れてチェックされるということでしょうね。

Trackbacks

コメント

さと : 2010年10月11日 13:09

女形の歴史から現代のジェンダーさんも関係があるように思います
昔は梅沢富男さんや、今では太一さんか、本当に美人ですよね

ああいう風に変身願望はぜんざい的にあるのかもしれませんね



そうそう。その薄いイエローのサンドレス?素敵ですねー

ふんわりしてるから、太ってはみえませんよ^^

鳩子 : 2010年10月12日 11:34

女形さんもそうでしょうね、現代風にいうと
旅行で、パスポートなどの性別と見た目が違うためにトラブルになるようなケースは、
今でもありそうな話です。ぜんざい的?

写真は、もうこういうワンピースの季節ではなくなってしまいました。
顔はふっくらですけど、なぜか小顔のように見えてますよね
(^-^;)

さと : 2010年10月12日 14:17

>ぜんざい的 間違いました笑

潜在的 の間違いです。失礼しました^^ゝ

鳩子 : 2010年10月14日 02:37

そうでしたか、
肥満というのも潜在的にやってきてるみたいなので、注意したいです^^;

< 可能性を秘めた過去 | top | 引越し1か月 >