可能性を秘めた過去

こういう感じの服装が最近の自分によく合っていると思います。
日傘か帽子があったほうがいいですしバッグも違うほうがいいでしょうけど。

ダイエットについては少しやせたと思ったらまた戻ったりのくりかえしですが、これからもそうなるのでしょうね。

何年か前にあるブログで、性転換は親が亡くなる年代になってからでいいじゃないか、そうすれば親に心配をかけずに済む、なんていうのをなぜかよく憶えているのですが、実際はそういうエネルギーは、だんだん薄れてしまうわけなんですね。とくに日本人は、親子関係以外にもいろんな人間関係に絡まれてしまう人が多いのではないでしょうか。若隠居でもしないかぎり、身動きがとれなくなるでしょう。

将来のことはわかりませんが、過去のことを考えれば、たしかに違う人生もあったかもしれないけど、けっきょくこういう人生でしかなかったわけです。それ自体は幸不幸のどちらでもありません。選択が正しかったとか正しくなかったとかいうことでもないですし、選択すらできなかったですけれど、
ひとことでいえば可能性を秘めた過去ですね。
……すこし、眠くなりました。

Trackbacks

コメント

さと : 2010年10月7日 17:44

後ろ姿もいいですね^^ロング丈でふわふわで甘すぎず
かわいい。バッグは籠系の物がいいかな〜
こんな服で動画で森にいて古い音楽がBGMなら素敵かも〜


親が亡くなってから性転換とかすれば・・・との事ですが
それって、本人もそう若くないわけだし・・・
人には時間がありますから・・・
難しいなぁと思いました

鳩子 : 2010年10月8日 01:07

そうですね、バイオリンの軽やかでちょっぴりせつない音楽がいいですね。
今回は太ってしまったことが判明したので動画はやめときました。
ちょっと横を向いただけでNG画像になりそうでしたので^^;

たしかにもう若くないんです。
時間もそんなにないかもしれませんが、でも未来のことはまだわかりません。
最近は夜にむづかしいことを考えてると、すぐに眠くなります。
受験勉強のころに戻ったみたいな感じ。
眠くなったほうが夜が長すぎなくていいかもしれませんね。

< 彼岸花 | top | 行楽の秋 >