センチメンタル・トランス

さみしい気持ちになる季節。
毎日気がつけばいつのまにか夕暮れになってしまっています。

青春時代が春なら、もう夏は過ぎてしまって、いつのまにか秋にさしかかるような年齢になってしまいましたね。

花びらを重ねて装ったり、葉を繁らせて鎧のように身につけたりしたような季節は、もうやって来ないのかもしれません。

ひとつひとつ惜しみながら葉を落とし、花びらを散らしながら、
双葉の時代に還ってゆくような、とてもシンプルな世界を見たいと思っています。
脱ぎ捨てることでもあったような、そんなトランス。

Trackbacks

コメント

さと : 2010年10月2日 10:08

秋はとてもセンチになります・・・・うるうる

なんで秋ってこんなに寂しいのだろう。
でも又、冬を越え、一番好きな春〜初夏がきますね^^

鳩子 : 2010年10月2日 22:55

なぜなんでしょうね。
一つには、秋には感覚がとぎすまされるからなのかも?
でも私も春がいいですね。まどろんでる気分もいいです(-.-;
さとさん、よろしければメールフォームからメールを下さいね。古いアドレスでは届かなかったみたいです

さと : 2010年10月3日 16:36

私メルアド、変えたのでした・・・^^;

メール、私も書きます〜

鳩子 : 2010年10月4日 01:01

メールフォームから届きました。
普通のメールから返信しますからね……

鳩子 : 2011年9月5日 23:59

センチメンタルな狂歌のパロディを一首……

友がみな ジーアイディーとなれる日よ 花を買ひ来て 猫としたしむ

< ヨーロッパの中世の | top | 彼岸花 >