萩の花

萩の花といえば、花札で猪の描かれた絵を最初に思い浮かべてしまいます^^ゞ

西洋の花言葉は、思案・前向きな恋・想い・内気・物思い。

日本ではこんな和歌があります。

 春日野に咲きたる萩は 片つ枝は未だ含めり 言な絶えそね(万葉集)

春日野に咲いた萩の花。でも片方の枝はまだつぼみのまま。ああ、どうか「言」を絶やさないでおくれ!

「言」とは「言問い」のことで、訪れて求愛することだという解釈があります。
満開を待たずに季節が移ろってしまうこともあるのでしょう。

Trackbacks

コメント

< 空気とキャラ、検察問題 | top | 読書の秋 >