廃止になりそうなもの

 いつのまにか政府が決めたことで、よくわからないことがいくつかあったのですが、
1つはSMAPの草なぎ君が宣伝していた地上デジタル、も1つは酒井さんが宣伝していた裁判員制度です。
 地上デジタルというか、略して地デジといいましたよね、むかしラジオをラヂヲと書いたことに習えばチデヂと書いてもいいんでしょうが、やはりアナログテレビの廃止は無期限に延期になりそうですね(*)。無理とは思っていましたが、その幕引きの開始と草なぎ君の事件と関係があるのかと思ったこともあるのですが、関係ないのかも。
(* 追加)地デヂ移行は国家の法律によって既に政府に対して義務づけられていたという認識がありませんでした。法律でそこまで決めてあるとは思いませんでした。
 裁判員は、該当する人がごく小数ですので、早い時期に廃止の声が盛り上がるということはないんでしょう。時間がかかりそうですね。酒井さんの事件とも関係ないと思います。可哀想な子ですね。個人的には廃案にはなりましたが児童なんとか禁止法の某元アイドルさんへの失望が大きいです。
 禁煙法に近いものがあと1〜2年で成立するという話もあって、なんとかいう国際組織に加盟している国はもうタイムスケジュールを決められているらしいです。生類憐れみの令以来の悪法になるかもしれません。変な時代ですね。愛煙家の人はもっと発言したほうがいいと思います。松田聖子の「赤いスイートピー」は発売禁止、「ティファニーで朝食を」のDVDも発売禁止なんてことにならなければ良いのですが。西岡恭蔵の「プカプカ」とか、五輪真弓の「煙草のけむり」とか、いろいろありますよね。

Trackbacks

コメント

< 王選手の一歩足打法 | top | 青春の光と影?