コミュニケーションって何?

 自分はコミュニケーション能力に自信がないと思っている人もいるかもしれないので、そうやって自分について判断してしまう前にちょっと考えてみるのはいかがでしょう。
 いわゆるコミュニケーションというのは一人では成立しませんよね。二人以上いないとダメで、つまり相互交通です。本質的にそういうものです。だから一方的に言葉をまくしたてるだけの人がコミュニケーション能力が高いかといえば、はなはだ疑問で、単なるうるさい人、人々のためには百害あって一利なし、ともいえますから、そうなるとマイナス100点、たとえあなたが0点をもらったとしても、そういう人たちよりは100点も優っているわけです。
 相互交通ですから、半分は相手のことを理解するようにつとめることが不可欠なのですが、コミュニケーションが苦手だという人の中には、じつは相手を理解しようとするのが苦手のように見える人がいますので、ここが問題になるんでしょうね。もちろんそうでない人もいます。そうでない人のばあいは、若いころそういうことで悩んでいたとしてもそのうち年齢が解決してくれます。心配はいりません。他人を理解しようと努力してきた積み重ねが人間性に厚みを増してゆくことでしょう。
 他人全般にあまり関心がない人というのは困ったものですね。そういう人で突然冗舌になる人がいますが、話をよく聞いてみるとやっぱり自分のことだけをしゃべっているようです。
 他人に関心がなくはないけど、自分を理解してもらいたいという気持ちがいつも勝ってるような人は、最近増えてるのかもしれませんね。「自分を理解してもらいたい」というのは二重の意味で間違いでしょう。1つはさっき言った相互交通の意味を忘れていること、もう1つは自分で自分を理解したつもりになっていることです。いちばんわからないのは自分のはずです。一時流行った「自己実現」とかに迷わされすぎたのかもしれないし、自己を理解してもらわないことには「スタートラインに立てない」と思いこんでいるのかもしれませんね。

Trackbacks

コメント

setchimo : 2009年6月14日 16:10

つい先日 去って逝かれたかたが........
"もしも おいらが えらくなったら
えらくない奴とは つきあいたくない"
そう うたっていました........
彼の云うところの えらいって云うのは......
わたしは なんとなく わかる気がします......

おくればせながら..........
おひさしぶりで ございます..........
また 遊べるように 元気になりたい setchimoさんです.......

かしこ

鳩子 : 2009年6月14日 21:56

ちょっとよくわからないところもありましたけど、
清くただしくうつくしくは良いと思いますね。
そんなに元気でなくても良いのかもしれないですし、。

日記のつづきですけど、「青い鳥」のような価値観の転換というか、「青い鳥」のようには単純にはいかないでしょうけど、ちょっとだけ考えてみることができれば、その新しい価値観こそが本当の自分そのものだということに気づくことができるかもしれないことでしょうね

< はてなブックマークからの「おすすめ」 | top | 薬とマジック >