桃太郎と女の子

マザーグースの歌は同じ歌でも英国の地方によって詩やメロディが異なっているものがあるそうで、日本の昔話でも香川県で桃太郎は女の子だったりするように、さまざまなものがあるのと同じだと、鷲津名都江先生の本に書いてありました。
そこで気になって未来社の『日本の民話』という本を見たのですが、香川県の部には桃太郎の話が2つありましたがどちらも男の子でした。同じ県内でもさまざまなのでしょうね。
インターネットで検索すると、ほうぼうに書かれてましたが、ほとんどがWikipediaのコピーのようです。Wikipediaの記述は簡単すぎて出典も書かれてありません。

小西酒造のコラム「食卓日本昔話」でやっと見つかりました。
「おばあさんが川から持ち帰った桃は食べてしまいます。桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんに子どもができ、男の子のように元気のいい女の子が生まれます。そして、あまりにかわいいので鬼にさらわれないように桃太郎と名づけ育てる」。
http://www.konishi.co.jp/html/fujiyama/column/cooking_j/momo/
なるほどと思いましたが、でも最近の脚色が加わってるような気がしますね。からだの弱い女の子にクマとかトラとか強い動物の名を付けることはあったでしょうけどね。鬼がさらってゆくのはからだの弱い子なんです。それは夭逝を意味します。元気すぎた女の子なら、もっとしおらしい名前にしてバランスをとると思います。「鬼が可愛い子を選んでさらう」というのが古い昔話っぽくない気がするんです。この「鬼」は現実の人間の形をした「鬼」なのかもしれませんね。
「さぬきの桃太郎」http://tetsutanaka.blog58.fc2.com/ という讃岐(香川県)地方の専門的サイトがありましたが、女の子という話は見つかりません。

顔ハメコラージュ?

たまに画像のコラージュで遊んでます。
鳩子のコラージュは全然手間ひまをかけないで、それでいてなんとかインパクトのあるものをと考えているのですが、こんなのはどうでしょうね。
観光地によくある顔ハメの立て看板です。「伊豆の踊り子」ですね。他人の撮影した写真の顔の部分に自分の顔を貼り付けただけです。実際に出かけて撮ってくればいいのですが、遠いですから。

元画像は『全日本顔ハメ紀行』(新潮OH!文庫)からお借りしました。もう絶版かもしれませんが、こちらのサイトを運営されている人だと思います。
http://homepage2.nifty.com/f-okamura/

オカマ帽子

昭和初期のモガのファッションの本を見ていたら、帽子のことが書いてあって、写真のような帽子を、オカマ帽子と言ったんだそうです。まあ一部の人がそう言ってただけなのかもしれませんけど。
ちょうどお釜を逆さにしたような形をしています。最近はクロッシュというのかも。

UFOなんかでも、こういう形のが可愛くて良いと思いますよね。
妖怪の鳴釜というのは本物のお釜をかぶっているそうです。お釜をかぶると不思議な妖気が満ちてくるのでしょう。

テレビとサヨナラできたなら

あと2年と少しで、これまでのテレビは見れなくなってチデヂに移行するそうですが、ほんとかな? できるのでしょうか。
このあいだの草なぎ君の事件のときニュースで少し言ってました。「計画通り進んでないので、この事件がダメージになるかもしれない」云々。新しいテレビはそんなに売れてないことがわかりました。2年後に予定が延期になったとき、あの事件のせいだと言い訳でもするのかしら。
もの心ついたころからテレビとはわりと身近なおつきあいでしたけど、2年後はいい機会なので、テレビとはサヨナラしようと思っていたのですが、予定はもっと延びそうです。(ネットで見られたら見るかもしれません)

二度目の改題について

「影踏み歌」と「忘れな草紙」と
二つのぶろぐのようなものがあるのですが、二つのタイトルを並べて見てよくよく考えてみると、辛口記事に向いているのは、やっぱり「影踏み」というタイトルのように思います。

そんなわけで、割り振りが難しいこともあるのですが、そこで考えたのは、またもやタイトル変更で、こちらを「新忘れな草紙」にするわけです。
それで時期を見て「影踏み歌」を漢字タイトルで新たに立ち上げるとか……。そのほうが書きやすい気もするわけですよね

なにかと

なにかと調子が悪いときは、温泉療養もいいかもしれませんね。
余裕があれば何日も旅館に滞在して、小説でも書いたり……


(2009/3/8)

| top |