A新聞に

 A新聞に荒井由実デビュー当時の話がたっぷりと載ってました。ラジオの深夜放送のことを「深夜の解放区」というのは団塊の人たちの言葉なんでしょうね。
 深夜放送ファンの人たちが、74年10月に荒井由実ファンクラブを募り始めたそうです。で、その人たちは75年に大ヒットした「ルージュの伝言」に違和感を表明したんだそうです。ポップなものにはついていけないみたいな、デビュー盤「ひこうき雲」の「私小説的世界」にこだわったんだそうですが、えっ? 私小説的世界?? あのアルバムにそういう見方があったとは知りませんでした ^^;
 読んで1つ気になったことは、ルージュの伝言の発売日。wikipediaによるとアルバム「コバルトアワー」に先行してシングル盤は74年2月の発売だそうです。10月に集まり始めて4か月後にもう違和感ですか? たった4か月。深夜放送なら発売前からかかってたはずですよね。歌は10月にはもうできていたんじゃないでしょうか。

 よくわからない話だったのですが、一部のファンというのは、案外うっとうしいこともあるんでしょうね。

Trackbacks

コメント

< 出さなかった手紙 | top | なにかと >