江戸の三下り半

めおと楽団ジキジキによる「千の風になって」という歌の替え歌で、「離婚調停の歌」というのを聞きました。
「私の実家の前で、叫ばないでください。そこに私はいません、戻ってなんかいません♪」 ……面白かったです

さて、離婚といえば、江戸時代には「三下り半」と呼ばれた3行半の離縁状を男が書かなければならないのでした。その文書内容は、男の都合で離縁したので、以後女が誰と縁付こうと干渉しない、という誓約文なのですが、女はこれを取っておかないと再婚できません。嫁入りだった場合、実家の籍(人別)に戻るためにも必要です。女からは三下り半を確かに受け取ったという返事の証文を男へ返す場合もありました。「三下り半は突きつけるものではなく女が奪い取るもの」(杉浦日向子)です。

男にだけ書かせるのは、後でねちねち言う男が多かったせいもあるかもしれませんが、離縁状は地域社会や関係者への誓約でもありますから、そういうつきあいは男が代表するものだったというのもあるかもしれません。あるいは女の文字がフェティシズム(性的な意味も含めて)の対象となるのをなるべく避けたいという意味もあるかもと、思います。

江戸の町では女の人口が極端に少なかったため、女には新しい縁談は降るほどあったようです(男にはめったになかったとのこと)。
地方でも婿の浪費などがあれば、年貢の義務を果たせませんから、すぐ追い出されます。婿でないケースでは、非行や遊び癖のある息子は年長息子でも既に勘当されて淘汰されて、素行の良い弟が後継者になりますから、離婚率は少なかったでしょうが、いずれにせよ、離れた気持ちが戻らないということになれば、仲人や親族や村の人を交じえてよく相談して、二人の将来優先で最終決着になります。離縁ですから中には悲劇的なものもあるのはしかたありません。

明治以後の解釈では、当時は男にだけ離婚権なるものがあってしかもそれを一方的に行使できたかのような誤った解釈が流布していたのですが、最近は、学校の歴史教科書でも正しい解釈が採用されるようになっているとのことです。

明治以後の歴史観は、男尊女卑的な考えのため、男女の問題において他にもさまざまな誤った歴史の解釈をずいぶん広めてしまったようですね

Trackbacks

コメント

< 猫の歌と音楽 | top | キリ番御礼 777777 >