将軍の骨盤

江戸時代の九代将軍は女だった、ということが書いてある本を読んでみたのですが、どうなんでしょうね、説得力はいまいちかもしれませんが。徳川の十五人の将軍の遺骨はきっちり保存されているそうで、何十年か前に歴史学者などによる調査が行なわれて詳細な報告書があるそうです。それによると九代将軍の遺骨は、全体的に骨細で骨盤が大きく、頭の骨から想像される顔立ちはいちばん整っているという、それが主な根拠のようです。女性的ではあるのでしょう。
ただ現代の純男性の中にも骨盤の大きい人はけっこういますし、おかまさんたちにも多いです。男性は、体形についても平均を大きく逸脱する人が、女性よりも多いみたいです。
おかまさんたちはこういうことで後世の人に女性と推定されてもいやじゃないでしょう。

Trackbacks

コメント

< 髪を切る男と泣く男 | top | トランスでリサイクル >