子ども時代のセクシャル体験

……というのは私にはないのですが、人の話を聞くといろんな話があるものですね。
よく聞くのは「見せっこ」。男の子どうしなら大した問題ではないのでしょうけど、そうでない場合は、見つかってこっぴどく叱られたなんて話も。
一人の子の着物を脱がしてしまうような遊びをした男の子たちもいたようですが、こういうのは感心しませんね。誰でも経験すること、なんて言う人もいるかもしれませんが、何かうしろめださがあるから、そういう言い訳を言うのかも?。
ゲイの人で多いのが、大人の男に内緒でからだを触られたりいじくられたりしたというの。
トランスさんでもいたかもしれませんが、ずっと忘れることのできない経験になるみたいです。
思い出したくないような経験をした人もいるかもしれませんが、へんな話題でごめんなさい。
いわゆる異性の服を身に着けることをセクシャルな体験だと考える人もいるようですが、かなりおおぜいの男性が経験しているようです。

髪長彦

芥川龍之介の童話に、髪長彦という「女のような木樵」のお話があります。今は青空文庫でも読めるので、久しぶりに読んでみました。題名は『髪長彦』だと思っていたのですが、『犬と笛』というのが正しいようです。
> 『犬と笛』(青空文庫)
髪長彦が、笛と三匹の犬の力を借りてお姫さまを助け出すお話です。いちばん力を発揮したのは犬よりも笛ですから、音楽の力、芸術の力というわけなんでしょう。

なぜ「髪長彦」でなければならないのか、考えてしまいますが、ラストシーンで髪にお姫さまの櫛が挿さっていたことと関係あるのでしょうか。昔は男も髪を長くして普通は髷などに結って髪を垂らすことはなかったのですが、山伏など市民生活とは違う生活をしていた人の中に、髪を長く垂らしていた男がいて、そういう身分の男子だったのかもしれません。

八俣の大蛇(おろち)を退治したスサノオという神さまは、髪にお姫さまの櫛を挿して大蛇を退治しました。人によってはこれを女装(じよそう)の一種だという人もいます。
戦国時代の武士の絵などでは、戦場の場面では髷をほどいて髪を長く垂らしている武士の絵がよくありますが、これも童謡といえるのかも。

各地の祭礼などで若者が女装する例は多いですが、要するに生まれ変わるためということらしいです。生まれ変わるのだから、男か女かわからないような状態へ戻るのかもしれませんし、生まれ変わるのには別の母親が必要ですから、自分でそれを演じるのかもしれません。

髪長彦は世俗と離れた生活の木樵ですから、毎日毎日生まれ変わることができたのかも。お姫さまと結婚してハッピーエンドになってしまうと、生まれ変わることができなくなるかもしれませんね。結婚の意味を生涯同居という現代風に解釈すると、そうなります。でも平安時代より前は、男が幾晩か通っただけでも女の親が承認すればそれだけで「結婚」ということですから、また山の生活に戻っても良いですし、今まで通りの生活も可能となるわけです。

七五三といえば

自分の七五三のころからは、ずいぶんと年数がたったような気がしますが、七五三のときの思い出のお話です。
七歳のときにスーツを買ってもらいました。男の子のズボンのスーツですよ(念のため^^;)。そのズボンはとてもゆったりとしていて、キュロットみたいな感じ。なんとオーダーメイドだったみたいで、全体がふわふわしていて、男の子の服でうれしかったのはこのときだけだったかもしれません。
ズボンの片足に2本の足が入ってしまいそうな、ゆったりとしたズボンだったのですが、なぜそんなにゆったりとしてたのかというと、4、5年たって大きくなっても裾を長く作り変えれば着られるようにです。子どもはすぐに大きくなってしまいますからね。
一年生と五年生では、ウエストの平均サイズの差は10センチもないらしいです。大人で1年か2年のうちに10センチもウエストが増えてしまったという人の話もあるようですが、一年生と五年生ではそんなに大きな差ではないみたいで、あのスーツも5年生までは着られたと思います。
たまにスカートのスーツを着ると、七五三のころを思い出してしまいます。

トランスさんの中には、OLや水商売系などの職業的な憧れと服装嗜好が結びついている人も多いようですね。

この一週間

タイトルをもとの「トランスジェンダーな日々」にもどしてみました。

 この一週間は、はるな愛さんとヤンキースの松井選手の話題がいちばんでした。
はるな愛さん「ニューハーフ世界一」、最近表情がはつらつとしている感じ。ここ1〜2年の自信のあらわれなんでしょう。ずっと多忙な毎日とは思いますが……。

 ある時期から急に多忙な生活になってしまったとき、私だったらあと1年か2年続ければもとのペースにもどれるだろうから、あと少しのがまん、などと考えてしまうのですが、大成するような人は違うのでしょうね。忙しさには慣れること、そうすると次のステップが見えてくるということなのかも。

 ワールドシリーズMVPの松井選手は肌がきれいになりましたね。

一般女性とは

トランスの世界では、生まれながらの女性を純女などと言うこともあるそうで、それはそれでがんちくのある言葉とは思いますが、それに替わる言葉を、1か月くらい前に思いついたのです。何日か前にそれを一生懸命思い出そうとしたのですが、出てきませんでした。
ところが昨日になって、ひょんなことから思い出しました。
それが「一般女性」という言葉です。
また忘れないうちに書いておくことにしました。
純女とか純女性では、言われたほうが、自分は本当に「純」なのかしらと、とまどうこともあるかもしれませんしね。
どちらにしろシャレっぽい言葉ではあります。

さて最近のアクセスの検索キーワードで多いのが「ヒップパッド 自作」ですが、そろそろやってみましょうか。だんだん寒い季節になりますし、失敗しても毛糸のパンツは残ります。ひざ上まである毛糸のパンツの裏側に、必要部分に毛糸生地を重層的に縫い重ねておくというものです。興味ある人は乞う御期待。

行ったり来たり

某総理大臣が金色のネクタイをするときは、特別な時とかで、何か精神的な高揚感をともなうみたいです。
男性(的な人)が特別な服装をするときは、だいたいそんな感じでして、その服装は非日常のものであり、デザイン等は何でもよくてたまたま選ばれたものであって、何より精神的な高揚感が重要だ、ということみたいです。

そうでない人は、日常と非日常がいつも行ったり来たりしていますが、服装選びはだいたい日常的な問題です。特別な服装のときは、それによる内面的な価値というより、周囲との調和やアピール、自己の客観化、そのほかだったりです。その服装自体に必然的な価値があります。

そんなですから服装の一部に共通するものがあるかのように見えても、中味はだいぶ違うこともあるわけなのでしょう。

| top |