江戸の三下り半

めおと楽団ジキジキによる「千の風になって」という歌の替え歌で、「離婚調停の歌」というのを聞きました。
「私の実家の前で、叫ばないでください。そこに私はいません、戻ってなんかいません♪」 ……面白かったです

さて、離婚といえば、江戸時代には「三下り半」と呼ばれた3行半の離縁状を男が書かなければならないのでした。その文書内容は、男の都合で離縁したので、以後女が誰と縁付こうと干渉しない、という誓約文なのですが、女はこれを取っておかないと再婚できません。嫁入りだった場合、実家の籍(人別)に戻るためにも必要です。女からは三下り半を確かに受け取ったという返事の証文を男へ返す場合もありました。「三下り半は突きつけるものではなく女が奪い取るもの」(杉浦日向子)です。

男にだけ書かせるのは、後でねちねち言う男が多かったせいもあるかもしれませんが、離縁状は地域社会や関係者への誓約でもありますから、そういうつきあいは男が代表するものだったというのもあるかもしれません。あるいは女の文字がフェティシズム(性的な意味も含めて)の対象となるのをなるべく避けたいという意味もあるかもと、思います。

江戸の町では女の人口が極端に少なかったため、女には新しい縁談は降るほどあったようです(男にはめったになかったとのこと)。
地方でも婿の浪費などがあれば、年貢の義務を果たせませんから、すぐ追い出されます。婿でないケースでは、非行や遊び癖のある息子は年長息子でも既に勘当されて淘汰されて、素行の良い弟が後継者になりますから、離婚率は少なかったでしょうが、いずれにせよ、離れた気持ちが戻らないということになれば、仲人や親族や村の人を交じえてよく相談して、二人の将来優先で最終決着になります。離縁ですから中には悲劇的なものもあるのはしかたありません。

明治以後の解釈では、当時は男にだけ離婚権なるものがあってしかもそれを一方的に行使できたかのような誤った解釈が流布していたのですが、最近は、学校の歴史教科書でも正しい解釈が採用されるようになっているとのことです。

明治以後の歴史観は、男尊女卑的な考えのため、男女の問題において他にもさまざまな誤った歴史の解釈をずいぶん広めてしまったようですね

猫の歌と音楽

2月22日の猫の日には早いですが、猫の歌や音楽にはどんなのがあるか、思いついたので書いてみます。

クラシック方面では
ショパンの「猫のワルツ」。走りまわっている猫のイメージで、小犬のワルツに少し似てます。

ラツェック作曲の「猫のセレナード」。こちらはゆったりとした猫で、バイオリンが猫の声みたいで、可愛いですね。かなりおすすめ。

ロッシーーニの「2匹の猫の滑稽な二重唱」は題名の通りのソプラノ二重唱。

日本の歌です。
石川進の歌で「はなれられない友だちさ」(石川進ベスト 12曲め)。これは東映動画の「長靴をはいた猫」の中で歌われたもので、かなり良いですね。

吉田美奈子の「ねこ」は、少女の日の記憶を詩にしたもの。

童謡というか誰でも知ってるのは「猫ふんじゃった」ですが、
清水ミチコに「ネコふんじゃった」というパロディ曲があって、その中の松任谷由実編では「海を見ていた午後」の替歌で「♪猫が死んでいるわ 私が踏んだから♪」という文句があって、歌真似の声もそっくりなので、耳について離れなくなります。

その他では「黒猫のタンゴ」とか「猫じゃ猫じゃ」という明治のころの歌。
「犬のおまわりさん」は題名は犬ですが迷子の子猫ちゃんが主役のようでもあります。

猫がちょっと歌詞に出てくるだけならたくさんあると思いますが、そうでないものは意外に少ないかも。

★追加
浅川マキの「ふしあわせという名の猫」 そういう猫がそばにいるとしか思えないような時期は、誰にでもあるかも?

トランスネタが少ないですが


最近カウンタの伸びが良いみたいなので、解析をみたら、やっぱり旧ページばかりですね。新しいページを見てくれる人はそんなに多くありません。でも新しいページもすぐ旧ページになりますし、旧ページとして見てもらえるのもうれしいです。それに備えて?古いものに手を加えたり編集削除などはよくやってます。

ここんとこ、トランスネタが少ないです。
年齢が増えて行ったら、ジェンダーなんてどっちでもいいんじゃないかと思うようになるかもしれないと思っていました。日常的にはまだそうはなっていないのですが、書く内容がそうなってしまったのかもしれませんが、書くときのヒントをもらえるようなトランスさんのサイトが少なくなったのがいちばんかもしれません。
またトランスネタもやりたいですね。

昔は腐女子の人のサイトの掲示板に書き込みにいったりしたこともあるのですが、最近は引っ込み思案になりました。HPの非トランス系のリンクが増えるようなことをやってみたい気もします(ゲイ系はどうでしょうね)

冬のある日

私は生れたときはからだが弱かったらしく、4歳のころ生死の境をさまようほどの重い病気にかかったらしいのです。そのときの病気の記憶はまったくないのですが、ある冬の日に日向ぼっこをしながら見たもののことは、今でも鮮明に憶えています。見た内容はプライバシーなので書きませんが、ずっと病気で臥せっていた冬のある日、穏やかで暖かい日だったので、ほんとうに久しぶりに庭に出てみたときのことだったようです。

もし何十年か古い時代に生れていたとしたら、私は4歳の時に死んでいたことでしょう。
その後の私の生は、余分な時間の中の虚無にも見えますが、失ったものを引きずってでも生きて行かねばならない貴重な時間には違いありません。

自分の死を並べる詩人のように、このときの死がまた一つ、目の前に並びます。

ちょっとセンチに気どってみました。
本当は、「手なし娘」「阿闍世コンプレックス」につづく「百鬼丸コンプレックス」みたいなことを書こうと思ったのですが、後日にします。

阿闍世コンプレックス

 阿闍世(あじゃぜ)王子の苦悩は、自分の出生の秘密を知ったことから始まります。
 そのときから彼は、あれほどまでに優しく見えた母を憎み、押さえがたい母への殺意におののき苦しみ、若々しい肉体さえ醜く病んで行くのでした。
 母は古代インドの王妃でした。すでに若くはなく、かつての美貌は衰え、王の寵愛が薄れてゆくのを恐れた彼女は、王子が生まれれば王の関心をひけると思いました。そこで占い師に見てもらうと、森に住む仙人が3年後に死ぬので、その生れ変わりとして3年後に王子を授かるだろうと言われます。王妃はその3年を待とうとしたのですが、待ちきれずに、仙人を殺してすぐに王子を得ることを実行したのです。仙人は殺される間際に「自分は王子として生まれ変るが、いつの日か王を殺すだろう」という怨みの言葉を残しました。
 こうして王子が生まれてからも、母の脳裏からはあのときの仙人の言葉が離れません。愛らしいわが子の顔に仙人の怨念が乗り移って見え、恐怖におびえ、わが子を殺そうとまでします。母もまた苦悩の人だったのです。
 出生の秘密を知った王子阿闍世も苦しみます。しかし重い病に苦しむ阿闍世を看病したのは母でした。母はブッダに苦悩を打ち明け、ブッダの救いによって王子の病を癒し、母と子は初めて心を通わせることができたのです。その後、阿闍世は、世に名君と讃えられる王になったということです。

この話は「阿闍世コンプレックス」のもとになった仏典の話ということになっています。
私も日本人なのでこういう話はよく理解できます。今のような母と子の密着でなくて、距離を置きつつある時期においては危険な火種を内へ内へと封じ込めて行って、あるとき気がついてみたら楽になっていたような感覚です。
阿闍世コンプレックスとは、フロイドのエディプス・コンプレックスの東洋版として、古澤平作氏、小此木啓吾氏らによって提唱された考え方です。エディプスの話は、愛する母を父と子で奪い合うような、いかにも西洋の父系社会のお話なので、ぴんとこない人も多いのではないかと思います。森の仙人と阿闍世を父子関係と解釈できる余地もあります。

阿闍世の物語は仏典の話と書きましたが、実際のインドの仏典の話とはだいぶ筋立てが違うらしいです。悪く言えば日本の学者による改竄・捏造?なのですが、そういうのはそれほど重要な問題ではありません(松岡正剛という人も書いてます)。

もっと長く書きたいところですが、一つだけ。阿闍世は生まれる前に(森の仙人として)一度母に殺されていることになるのですね。1/15「絵葉書という歌」のところで、自分の死をいくつも並べて見ている詩人の話を書きましたが、こういう生まれる前の死も、死の一つとして並べることができるかも。

生物学と政治イデオロギー

2〜3日前にNHKテレビで、人間の精子全般が劣化していて、それは一夫一婦制が原因だとかいう珍説を披露していたらしいです。
そういえば、女性のからだの形の特徴について、オスにアピールして優秀な子孫を残すためだとかいうことを本気で言ってた学者も昔はいました。これはオスからみればそういう特徴の顕著なメスこそが優秀なメスだということになるので、ぜんぜん学問的ではなくて、男性の学者が自分の好みを表現しただけといわれてもしかたないです。
一夫一婦制うんぬんの話も、別の形態として一夫多妻や乱婚などが念頭にあるらしく、そういう映像メディアなどを見ての個人の羨望を表現しただけなのかもしれませんね。

一夫一婦は競争がないからだめなんだという主張もあったらしく、これは今の新保守主義とかいわれる政治イデオロギーを当てはめただけのようですね。
こういった生物学者の主張は、岩波新書の『性転換する魚たち』という本でも見ることができます。その本は、ソ連の崩壊後、強いのはアメリカ一国だけいう時代にぴったりの本です。
性転換する魚といっても、いちばん多いパターンは、群れの中の一匹の強いオスが多数のメスを率いて、そのオスが倒れると、メスの中でいちばん大きいのがオスに性転換するというものです。こういう現象を説明するのに、1980年代までは、厳しい自然の中での種の保存やら自然との調和などという広い観点から説明するのが主流だったそうですが、90年代にになって、個体にとってコスト的に合理的だからという説明になっているのだそうです。一匹のオスにとっても多数の子孫が残せて、個別のメスにとっても強いオスの庇護のもとに強い子孫を残せるのが合理的なのだそうです。一匹の強いオスの話は、90年代以後の政治イデオロギーそのものになってますので、魚にとっては迷惑な話です。一夫多妻制は伝説的に語られるものは別として、「制」として認めることは人類史そのものの否定になるます(古代の婚姻)。

★補足 科学者が科学的な冷静さを失って、人間の日常の経済活動や政治的人間関係までを自然界に投影して見てしまうこともあること、しかもそれが理論的粉飾をともなって権威であるかのように宣伝されることがあること、それがテーマでした。多数のコメントをいただきましたが、重要なテーマが曖昧になること、やや荒れ気味だったこと、コメント者に歴史的事実の誤認があることなどから、コメントをクリアしました。

「絵葉書」という歌

『絵葉書』という1970年代後半の日本のフォークソングを聞いてみました。友部正人という人の歌で、いかにも1970年代という感じの歌なんですね。

自分が本当にいたのかどうか確認するために、いくつもシを並べているおじさんがいます。詩を並べているのかと思ったら、どうも死を並べているみたいです。生きることを並べてみても何もわからないというのですから、やっぱり詩ではなく死なんでしょうね。そのおじさんは金子光晴という詩人で、既に亡くなっている人です。
亡くなった詩人と会話をかわすように接したことを、しみじみとたんたんと歌っているわけなんですね。ふっと孤独感がよぎります。

亡くなった人と会話をかわすことは、一部の知識人を除いて昔の人なら誰もが経験してきたことでした。もし今の人にそれができないとしたら、それはやっぱり本当の人間の孤独感から遠ざかった生活に埋もれてきたためなんでしょう。

異次元の世界に行った詩人は、生きていたときも、自分の死を並べていたのかもしれません。そうすることによって少なくとも2つの死を並べることができます。
でももっとたくさんの死を並べていたような歌でした。
生きることを並べてみても、それはすぐに死に変わってしまうかもしれません。これで3つ並びます。

70年代は、異次元世界が身近に感じやすかった時代だったといえるかもしれません。
異次元世界にも自分がいて、だからもう一人の自分がいることが、とても自然に理解できたわけなのです。それは影踏みの影のようなものですね

手なし娘

「手なし娘」という昔話があるそうです。グリム童話にも似たようなのがあるそうです。あらすじはこんな感じ

女の子が毎日継母にいじめられて、継母に腕まで切られて「手なし娘」になってしまいます。
けれど彼女は不自由なからだで苦労しながら成長し、やがてお婿さんをもらって家庭を築き、子どもも生れます。
ある日、子どもをおんぶしながら彼女が川で洗濯をしていると、おんぶの紐がほどけて子どもは川に落ちてしまいました。彼女はとっさに先のない腕をさし伸ばして子どもを助けようとしました。そのとき、彼女の腕の切られたところから新しい手が再生して、子どもをしっかり抱きかかえ、子どもを助けることができたのです。
それは観音様の霊験によるものだとのことです。

もしかすると実際には、手は切られたのではなくて、手の機能を母親に奪われていただけなのかもしれませんね。その母親とは継母に限らず、一般の母親でもありうることです。
娘の自由や一人立ちを妨害する母親ということです。
娘は成人して結婚はしたのですが、子どもを助けようと行動を起こしたとき、初めて自立した成人となったのだともとれます。川の流れは急で、もしかすると自分も流されてしまうかもしれません。それでも勇気をふるって、劇的な場面で行動を起こしたということなのでしょう。

さて私自身のことをいえば、親族ないしは何らかの大きな力によって、これまで自由を奪われてきたことがあったり、ある一歩を踏み出せないできたといえないこともないかもしれません。でもそれを越えるための劇的な場面というのに、なかなか遭遇しません。
じつは劇的な場面は何度かあったけれど、それに気づかなかっただけだった、というのでは、ちょっと情けない人生になってしまいますよね +.+;
そうではないと思うのですが、気づく能力というのは大事なのでしょう。

ビリティス

1970年代後半のころが懐かしく思えることがあります。
押入れの中の古いビデオテープを処分しようと思ったら、『ビリティス』という映画を録画したテープでした。思い出しました。フランスのデビット・ハミルトン監督の映画です。じっくり拝見いたしました(ついでにDVDにダビング)。
ストーリーはそれほどのものではないのですが、映像がとても綺麗で、たまにシャレたセリフもあります。少女と若奥様が男性不信におちいって、ま、ベッドで二人の同性どうしのラブシーンもあるわけですよね。水遊びのシーンも奇麗です。

1977年の映画で、世はアンノン族の時代です。彼女たちはこういう映画も見ていたのでしょうか。当時の私は、世代的には近いものがあるのですが、旅行はあまりしなかったです。でも懐かしいものを求めて都会を脱出してゆくような雰囲気は好きでした。

この映画は男性も見たと思いますが、まあロマンチックなポルノとして見たのでしょうね。男性向けのものにも、当時はそういうレズビアンというのでしょうか、同性もののジャンルもありましたからね。今はあまりないと思います。

過去記事

ある人が言うには、ブログなどで批判の相手が誰かわかってしまうような批判は書かないほうが良いというのですが、その理由は、書かれたものは何度も読み返されて、1回の記事なのに、何度も批判されたようにとられてしまうからとのことです。それを承知で書く場合は別ですが、そうでなければネットでは注意すべきことなのでしょう。
そういうときは、批判相手を架空の人に置き変えるとか、自分の意見でなく第三者の意見のように書くと良いかも、なんて以前書いたことがありました。

他人でなく自分への悪口みたいなことも同じです。悩みや苦しみをストレートに書き過ぎるのは、自分への悪口といえると思いますが、あとで自分で読み返したときに、より深い自己嫌悪におちいってしまうことがあるそうです。

そのほか、読み返したときに、一定以上に恥ずかしかったり、無内容に思えたり、そう思えた部分は、思いきって削除すると良いと思います。一日ぶんをそっくり削除するときは、躊躇なくコメントごと削除すべきでしょうね。うちはコメントが少ないせいか、削除するのに気をつかわずにすみます。

それから、写真を毎日のように載せる日記では、批判的なことを書いた日は、自分の顔写真は載せないのがいいでしょうね。

立ち戻るべき場所。もの作り、対面サービスの職業

立ち戻るべき場所
去年の9月ごろから思うことは、今の社会は消費社会を通り越して投資社会とでもいうほかないような社会になっていることでした。
「○○の商品化」なんていう言葉がよく使われた時代もありましたが、それよりも「人間の証券化」のようなものが進んでしまって、期待されたり利用されたりしているうちはいいのですが、人が安く売られるというより紙くず同然に捨てられることもありうるような、そういう世の中の非情な面も問題になってゆくのだと思います。

実は人が夢や希望を語るときも、投資社会のしがらみから自由に語ることが困難になっています。
どうしたらいいのでしょうね。
従来の「男性的」な上昇志向が、人の心を紙くずにしてしまうかもしれないとしたら、立ち戻るべき場所は、労働の基本である、ものを作る仕事や、対面サービス業のような仕事、あるいは職業ではなくても、そういった趣味やそのほか日常のいとなみの中にあるものに目を向けるしかないのかもしれません。その場合に、職業的であることと趣味的であることの差はあまりないはずです。

眠くなったので今日はこれでおしまい

お正月(2009)

もう、いくつ寝るとお正月…… なんて思ってたら、
もう、お正月ですよね。

最近はもう肩のちからが抜け過ぎてる感じもするのですが、今年はどうなることやら、
もう少し 新しいスタイルも意識してみたいですね ^o^

| top |