人形と、立体写真と

世の中には、自分自身のフィギアの人形を作ってる人もいるそうですが、面白いかもしれませんね。誰か作ってくれる人がいたら楽でいいかも^^; デフォルメされたぬいぐるみ人形でもいいかもしれません。

何枚かの写真を元にして立体アニメみたいなのは簡単に作れるのでしょうか。

それよりも、立体写真のアイデアがあったのを思い出しました。カメラを横に2台並べて撮影して、できた2枚の写真を横に並べて、見るとき顔の真ん中にツイタテをして左目と右目で別々の写真を見ると、立体的に見えるというの。
企画倒れに終ったのは、当時の2台のデジカメはメーカーも違い、色合いなど同じようには撮れないからなのでした。最近になって、前のカメラがレンズの開閉が壊れかかってしまったので、同じメーカーの後継機種を中古で買ったのでした。前のカメラもなんとか使えないこともないので、立体写真の環境が整ったわけなのです。
セルフで撮るとき、2台めはシャッターを押すのに1〜2秒遅れますけど、同じポーズのまま1〜2秒長く動かずにいればいいわけですよね

Trackbacks

コメント

< オリンピックもいいものです | top | 北京オリンピックも終盤に >