歩き方

日本人は、ひざを伸ばさないで歩く人が多いそうですが、歩くときの腕の振り方も、ひじを曲げて、ほとんどひじから先だけ振っているような人もいます。
そういう歩き方の男性は綺麗ではないのですが、女性については見づらくない人もいます。ひじを曲げるだけでなく手首もシナを付けるような感じで少し曲げて……。それから腕は後ろに引いたとき外側に広がって、前では内側に狭まっておなかの前あたり。

トランスさんたちは背中をすっきり見せようとして、肩を少し後ろに引くような姿勢を保ってますから、そういう腕の振り方は難しいですね。ひじから先が太いというのもあるかも。一日や二日真似してみても、いかにも筋肉を使って動かしているような感じで腕が疲れてしまいます。

そんなわけで、これまで通り、ひざもひじもきちんと伸ばして、小学生の行進のときのような歩き方になるわけです。中性的といえば中性的なのかも。でも、バッグや荷物を持って腕を振らないようにしたほうが、自然な歩き方になるような気もします。

Trackbacks

コメント

< サッチャン | top | 彼女たちの空間、鳩子の時間 >