消えた半ズボン

ふと半ズボンの男の子がいなくなったのはいつからなんだろうと思って、Wikipediaの半ズボンの項目を見たら、詳しく書いてありました。

半ズボンの流行は「1960年代から90年代前半までの関東以南の小学生以下の男の子」ということですから、広く普及したのは戦後のことで、そんなに古くからでもないみたいです。60年代のテレビの少年ドラマや皇太子様も普及に一役買ったようなお話。

なくなった理由は、90年代の「海外トレンドへの追随」とありますが、国際グローバル化がこういう面まで入り込んだわけなのですね。この「グローバル」とは要するにアメリカのことといっていいでしょう。明治のころ最初に半ズボンが輸入されたときは、古いヨーロッパから来たらしいです。

Wikipediaにハイソックスのことも書かれてありましたが、男女兼用のアツギのスクールタイツもありましたね。アツギとはメーカーの名前で、冬でも半ズボンだった都市部の男の子たちの必須アイテムでした。

Trackbacks

コメント

< トランスジェンダー | top | 許されるウソ? >