ハルジョオンかヒメジョオン

ヒメ化についてのビジョンを語ろうかと思いましたが、野草についてです。

先日も道端で見てきたのですが、写真は古いものからで、小さい白い花がいくつも写っているのが、ハルジョオンかヒメジョオンか、それともそれによく似た花です。野菊の一種ということですね。道端や原っぱにはよくある花で、ここにも写ってます。

子どものころ神隠しにあった午後の夕暮れどきにも見たかもしれませんね。
神隠しといっても、ただ木登りしてただけのときもあったのですが、ずっと木に登っていると、下の世界がとても奇妙に見えたり、おかしかったり、自分はたまたま別の星からこの木の上に舞い降りてきただけの子どもなのかもしれないと思ったり。(画像はクリックで拡大します)

Trackbacks

コメント

< 1998年ごろのデジカメ | top | ひざ上4センチ >