1997年の予言?

1997年のはじめ、北風の寒い日に、どういう風のふきまわしか(?)、亀戸というところにあったエリザベスに行ってみたのです。
帰りに『QUEEN』100号記念号を買いました。編集後記だったでしょうか乱桐子さんの訃報について書かれてありました。懐かしい名前だったので追悼文を作文にしてすぐに投稿したのでした。

その追悼文の結びには、「今年は桐子さんの好きだったファッションが流行るかもしれませんね」というふうに書きました。
おおげさにいえばこれは一種の「予言」なのかも? ^^;

96年くらいから少し兆しはあったのですが、97年は普通の女性たちも、シースルーのカーディガンやブラウスを、普通に着るようになりました。(写真は98年のものです)。
桐子さんは、90年以前から、ちょっとフォーマルな感じの大人っぽい腕が透けて見える黒いレースの袖のブラウスなどをよく着ていらっしゃいました。

ということは予言的中(?)……かどうかはともかく、鳩子も1990年ごろ古着屋さんで買った青いレースの袖のワンピースを持ってるのですが、9号サイズなので今は着れません。そのころ家で着たときの写真はスキャナしてしまってあります。

Trackbacks

コメント

< カチューシャと帽子 | top | 雑草讃歌 >