匿名報道と性別報道

テレビやラジオで事件のニュースを聞いていると、被害者については、ほとんど匿名ではあるのですが、性別や年齢については必ず言われてしまうようなのですね。

被害者のことは「女性」と言いますが、加害者で名前のわからない場合は「女」と言ってます。「女性」より「女」のほうが価値が低いのかどうかはわかりませんが、アナウンサーはハッキリ区別して言います。少年法が適用される年齢では、被害者も加害者も「少女」と言いうようです。

その性別はどうやって判断するのか気になりますが、犯人で名前もわからなければ、目撃情報ということになるでしょうね。見た目ということです。被害者については、たぶん警察の事情聴取かなんかがあって、本人が署名するときに性別欄もあるのかも?。

少し昔は、容疑者なら「A」とか「A子」、被害者なら「Aさん」で、性別感は薄かったように思います。「少女A」というのもありましたけど。それより昔は実名報道で、容疑者なら苗字を呼び捨てにされたわけで、これも性別感はないわけです。

最近のニュースは「女は」とか「女性は」とかいう言葉を、何度も何度も繰り返すことになるので、耳障りではあるわけです。

Trackbacks

コメント

< 香りの季節 | top | のんびりが好き >