メンソールは苦手

飴やキャンディ……不二家のミルキーや佐久間のドロップは好きなのですが、最近多いのど飴のようなメンソール味は苦手です。
子どものころバスによく酔ってたので、チューインガムをかんでると良いなどといわれ、効果のほどはわかりませんが素直にそうしてたので、クールミントの匂いがいつもバス酔いの不快と結び付いてしまったのかもしれません。
いつだったか、あるトランスさんがメンソールは苦手と書いてたのを見て、あたしと同じだと思ってほっとしてみたり。ほかの人はどうなのでしょう。

それで思うのですけど、トランスさんがメンソールを嫌いになる理由というのが、あると思うのです。つまり男性用化粧品の匂いですよね。シャンプーもそうですけど、男性用として売ってる肌につけるありとあらゆるものがなぜかあの匂いに満ちてて、ウェットティッシュまでそうですからね。なぜそうなのかよくわからないですけど、男性化粧品は絶対合わないというトランスさんはけっこう多いんじゃないかと思ったわけなのでした。

メンソール入りのタバコというのがあるそうですが、そちらはなぜか女性向きということで売ってるらしいです。なぜなんでしょうね??
ほかに歯磨きはしかたないですね。かゆみどめは、あれがないとしょうがないでしょう。

Trackbacks

コメント

まりっぺ : 2008年4月12日 11:13

男性用シャンプーや化粧品にメンソールが入っているわけは、男性はすっきりさわやかでなければならない、というジェンダーバイアスがかかっていて、メーカーが意図してメンソールを入れて製品を作っているような気がします。
だからどこのメーカーの男性化粧品は同じような香りがしますよね。それだけ男性用化粧品の幅がせまいのかも。。

雨庭みどり : 2008年4月12日 11:40

私は、男性として働いていますが、普段でも髪が長いので
フォームの整髪剤を使っています。で、やはり少し匂いが
あるので、他の部屋に入ったときなど、何かつけている?
などと訊かれることがあります。

それだけ男性用の化粧品って無臭の物が多い…ということ
なのかしらん、と思ったりします。臭いをさせるのでも、
せっけん系の香り以外はメンソールしかないのかもです…。
確かに、他会社の営業男性で匂いをつけている人が来ると、
コイツ何か付けてら〜みたいに気になったりしますもの(笑。

鳩子 : 2008年4月13日 00:59

まりっぺさん♪
そのとおりなんでしょうね。
着るものも男性はパターンが限られてますし、
男性の着物が復活すれば少し違ってくるかもしれません^^;

みどりさん♪
そうですよね、最近の若い男性はどうなんでしょうね。
男性化粧品は何十年も前に卒業してしまったことではありますが。
ニベアは男女兼用で良いと思ってたら、ニベアフォーメンなんておろかなものも出てるんですね

< ホームページ5周年 | top | 捨て子・継子伝説の彼方(物語と科学) >