タイピストの夢

オードリー・ヘプバーンの古い映画で、タイピストの女性が流行作家の秘書になって、タイプライターをカチャカチャ……。
そしてストーリーはラブ・コメディーといった展開なのですが、美人タイピストのあのかっこよさというか、そしてあの黒いどっしりとしたタイプライターの重み。でも当時は小型だったわけで、アルファベット26文字しかない国の文化だから、ああいう機械も発明されるんでしょうね。日本では考えられない機械でした。

1980年代のはじめに、日本語の小型のワープロ専用機が発売になったとき、これはたとえ食費をけずってでも買わなきゃいけないと思いました。
そして買いました。これで私も美人秘書になれるかも? 
美人かどうかはわかりませんが、夢だけはふくらんでいったのです。

そして性能の低いワープロ機械に飽きて、パソコンへ。
パソコンにも小型化の波が押し寄せてきました。
> PC9801N
東芝のダイナブックに遅れること2〜3か月、日本電気の待望久しい98ノートでした。写真に写ってるのがそうですが、1989年ですね。
今ではノートPCもその半分以下の重さになって、高性能で、インターネットにもつなげられるわけです。コミュニケーショングッズの代表格にもなってるわけですが、さて、

タイピストの夢は、スマートに文字を連ねていって見えないものが形になっていくことにあったわけなんです。得体の知れない巨大なシステムの端末になることではなかったはずなんですね。
ものを表現したり作ったりすることが軽く見られ、「コミュニケーション」の取引のなかに何でも放り投げてしまう状況というのは、ちょっと待ってよという感じです。

のんびりが好き

のんびりが好きという言葉にもいろんな意味があると思います。

コアラはいつものんびりと寝ているような感じの動物なのですが、コアラの主食のユーカリの葉は毒性が強いので、食べたあとゆっくり時間をかけて消化しなければならないので、いつもあんな感じなのだそうです(マ○○ン☆さんのブログでも見ました)。ほかに食べ物がない環境で生き延びてきたせいでしょうか、必要があってのことのようですね。

毒といえば、外から来るものに過敏に毒性を感じてしまう人、そして中には自らの毒に対しても……? 深い悲しみとか怒りとか、そんなおおげさなものではないかもしれませんが、鳩子の「忘れな草紙」あたりだと、オリジナルのモチーフはけっこうそういった毒が強いかもしれません。うまくオブラートに包もうとはしているのですけど。
気づかない人もいるかもしれませんが、気づいた人は手をあげてみてくださいね ^^;

匿名報道と性別報道

テレビやラジオで事件のニュースを聞いていると、被害者については、ほとんど匿名ではあるのですが、性別や年齢については必ず言われてしまうようなのですね。

被害者のことは「女性」と言いますが、加害者で名前のわからない場合は「女」と言ってます。「女性」より「女」のほうが価値が低いのかどうかはわかりませんが、アナウンサーはハッキリ区別して言います。少年法が適用される年齢では、被害者も加害者も「少女」と言いうようです。

その性別はどうやって判断するのか気になりますが、犯人で名前もわからなければ、目撃情報ということになるでしょうね。見た目ということです。被害者については、たぶん警察の事情聴取かなんかがあって、本人が署名するときに性別欄もあるのかも?。

少し昔は、容疑者なら「A」とか「A子」、被害者なら「Aさん」で、性別感は薄かったように思います。「少女A」というのもありましたけど。それより昔は実名報道で、容疑者なら苗字を呼び捨てにされたわけで、これも性別感はないわけです。

最近のニュースは「女は」とか「女性は」とかいう言葉を、何度も何度も繰り返すことになるので、耳障りではあるわけです。

香りの季節

風が薫ったり、新緑も薫ったりするような季節。
新茶もいいですし、いろんな香りを楽しめる季節です。写真は某ハーブ園で。
4/10にメンソールが苦手と書きましたが、それは何か後天的なものによる条件反射みたいなもので、それ以外では鳩子は子どものころから漢方薬の香りとかも好んでいたようです。
薬については大人になってからのほうが縁遠くなってしまったかも? そういうものに慎重になり過ぎてしまうのでしょうか。

まちぶせ(1996)

1996年を調べたら[ザ・20世紀]というサイトがあって、そのような本もあったけなと思いながら1996年のページを開いてみたら、流行語の項目に「へそ出しルック」というのがありました。ファッションとしては前年からのものだと思います。
アップした写真は1996年のものです^^;。流行がすたれないうちに撮っておこうと思ったのでしょう、古いGパンしかなかったので、ウエストを少しずり下げただけでした。

こういうファッションは当時の言葉でいう"KO GYA RU"の女の子たちから広まったのでしょうけど、なんとなく1970年ころの復活のようにも感じられたのです。その後だんだん70年代のものが復活していったような気がします。

96年にはYumingが「荒井由実」のコンサートをやったこともあり、私も若いころの純粋な気持ちにもどれそうな気分を味わっていました。バブルの夢へのあきらめもついて、時代も転換点を迎えていたのでしょう。
Yumingセルフカバーのシングル曲「まちぶせ」の振り付けを練習してた記憶があるのですが、今はもうできないでしょうね^^;

GoogleとYahoo どっち使ってますか?

ネット検索の Google と Yahoo。ユーザの数は、世界的にはGoogleのほうが圧勝らしいですが、日本では互角ないしYahooが若干強いみたいな話。
でも当サイトへのアクセス状況は、Google 6割、Yahoo 3割。
Yahooがかなり少ないので、HPの作り方に問題があるのかしらと思っていたのです。

で、ユーザの割合の最新調査を検索してみたのですが、それとは別に、ユーザーのタイプについての分析ページに目が行ってしまいました。
Yahooは主婦・事務職・文系が多く、Googleは経営者・専門職・理系が多いそうです。

なるほど。つまり鳩子のHPを見てくれる人は、後者のタイプが多いということなんでしょうね。
HPとYahooの相性が悪いとか、作り方の問題ではなくて、Googleを使うような人が多く見にくるのでGoogleが多くなるというわけなのでしょう。

歴史や文学についていろいろ書いてきているのですが、検索されるのはそうではないいかにもというキーワードが圧倒的に多いわけですし。
鳩子はといえば文系ですけどGoogleを使ってます。

20年を1時間半で

保存してある20年間の自分のアルバムを、じっくり見ていました。1時間半くらい見ていたでしょうか。
いろんな記憶がよみがえります。あのときもう少し状況が違ってたら違う道を歩んだこともあったかもしれないとか、あのときあの人がもう少し強くさそってくれてたらとか。

森山良子の「30年を2時間半で」という歌をまた聞きました。30年前の恋人と再会する歌です。二人でホテルのレストランへ立ち寄ったら「奥様」と呼ばれたとか……。なるほど、そういうのもいいかもしれませんね^^;;。歌は台詞が長すぎてカラオケはちょっと難しいかもしれません。
30年前に別れたその理由が今もわからないとか、オバサンの図々しさのせいではなくて、年月が傷を癒してくれたということなのでしょう。

そういう年代にだんだん近づいてくると、人の名前をよく忘れたりします。ナガシマシゲオ氏はよく人の名前を間違えたそうですけど。日記やブログに1〜2回コメントしてくれた人で、印象に残ってるものがたくさんあるのですが、その人の名前を思い出せません。管理画面でコメント一覧のリンクが表示されるので、そこからリンクごとコピーして日記に貼りつけてみようかと考え中です。

不思議なシルエット

昨年7月以後、カテゴリ「写真」が少ないのでアップしてみます。

画像ソフトで、色調整をいじってるときに、偶然こんな画像ができたので保存しておいたものです。色調整の他はなにもしませんでした。

もとの写真は、手前斜め右側から電気スタンドの光を当てて、ストロボで撮った写真でした。スタンドの光でできた影が左の壁にうっすらと見えていたのですが、その影を強調しようと思って、色調整をいじってみたわけです。

何年も前のことなので、どういうふうに色調整したかは忘れてしまいました。
o

捨て子・継子伝説の彼方(物語と科学)

物語と科学
子どものころ、おまえは橋の下に捨てられていたのを拾われてきたんだと、そんなことを言われたことのある人は、ちょっと古い世代では、多いことでしょう。そういえば私も…? 自分はほんとうに捨て子なのかしらとか、どこからか貰われて来た子どもなのかもしれないとか、疑ったり悩んだりした経験をもつ子は、少なくなかったのかもしれません。なかには、思春期のころになって、今の親が実の親ではないと信じこんでしまったり、神経症のようになってしまう子もいたような話。
でも時代とともにそういうことは少なくなってきたというアンケート調査もあるようです。

捨て子だとしたら、いったい誰の子なのだろうとか、そこまで深刻には考えないのが普通のようですが、そうでない子もいて、戦後では、有名な芸能人の子であるとか、戦前だったら、高貴な血筋の落とし胤ではないかとか……、そんな人もいたとか。プリンセスの血筋だったら、待っていればいつか必ず王子さまが現れるにちがいないとか、そんな物語ともつながっていくのかもしれません。

なぜ皆が皆、そういった同じような夢……(時には悪い)夢をみたのか、学者の分析もまちまちのようです。
現代になって、そういうのがだんだん少なくなった理由については、やはり科学というか、親子関係の証明は最終的にはDNA鑑定だというような考え方と関係あるのでしょう。
最近は、親子関係を疑うきっかけが、血液型の知識の誤解であったりして、"科学"が基準になってしまうこともあるわけです。

そうやって時代とともに古い形の捨て子・継子伝説のようなものは、消えて行きそうなのですがが、それに替わって登場してきた「夢」もあるような気がします。誰もが同じ夢というのではないのですが、ある程度の数の人が同じ夢を見ます。神経症のようにも高じてしまうという点は共通しています。けれど昔と違う点は、「科学」を味方に付けているということです。ま、そこまで大げさでなくても、「病気」と認定されて心が安らぐかのような心理は、確かに増えているのでしょう。

科学ではなく「物語」を味方につけようとしていたのが、今風の性同一性障害ではなく、古い「牧歌的トランスジェンダー」のことなのかもしれませんね。

メンソールは苦手

飴やキャンディ……不二家のミルキーや佐久間のドロップは好きなのですが、最近多いのど飴のようなメンソール味は苦手です。
子どものころバスによく酔ってたので、チューインガムをかんでると良いなどといわれ、効果のほどはわかりませんが素直にそうしてたので、クールミントの匂いがいつもバス酔いの不快と結び付いてしまったのかもしれません。
いつだったか、あるトランスさんがメンソールは苦手と書いてたのを見て、あたしと同じだと思ってほっとしてみたり。ほかの人はどうなのでしょう。

それで思うのですけど、トランスさんがメンソールを嫌いになる理由というのが、あると思うのです。つまり男性用化粧品の匂いですよね。シャンプーもそうですけど、男性用として売ってる肌につけるありとあらゆるものがなぜかあの匂いに満ちてて、ウェットティッシュまでそうですからね。なぜそうなのかよくわからないですけど、男性化粧品は絶対合わないというトランスさんはけっこう多いんじゃないかと思ったわけなのでした。

メンソール入りのタバコというのがあるそうですが、そちらはなぜか女性向きということで売ってるらしいです。なぜなんでしょうね??
ほかに歯磨きはしかたないですね。かゆみどめは、あれがないとしょうがないでしょう。

ホームページ5周年

今日4月7日で鳩子のホームページは満5周年になりました。早いものですね。
Googleさんのページにこんな画像が。ちょっとお借りして、画像から著作権者のところにリンクしておきました。今日は鉄腕アトムの誕生日なのですね。アトムも今日で満5歳になります。
5年前の2003年4月7日の日記にも書いてありますが、その日はホームページのレンタル元のサーバーが一日中つながらなかったので、その日にホームページを見た人は一人もいないかもしれません。けれどホームページのスタートの日ということになっています。
昔のマンガには、21世紀は月旅行や宇宙旅行も自由自在で、すばらしい文明社会になっているだろうと書かれていたのですが、なかなか理想通りには行かないものなのですね。逆に人類の文明は退化してゆくだろうと書かれたSFもありましたけど。

匂い淡し

春は、遠くの山の景色も、霞(かすみ)がかかったように、ぼんやりと甘く見えます。
夕月も、匂い淡しといい、輪郭のはっきりしない、ぼんやりとした朧月です。
春の甘き倦怠。
50代に入った女性歌手のプロモーション映像も、ほんのり霞色が射して若々しく、甘き歌声。

(さて、このページにアップする写真画像についても、ちょっと靄(もや)をかければ、鳩子もまだまだ第一線?)

かつての少女歌手のレコードは、霞がかかったように、天から地へと(?)エコーを響かせていました。
あのころのナンバーワンアイドルと結婚した写真家のおじさんの写真も、ソフトフォーカスというか、ピンボケの一歩手前のようにも見える、柔らかい輪郭の写真でした。
そういうの、いいですね。

わが心の可憐丘公園1996

1996年の春、なんとなくセンチメンタルな気分になって、「春になると思い出すの……」と書き始めたのが、「可憐丘公園の思い出」でした。(この"詩文"はその後「秋になると…」に書き直しています)。
懐かしさに加えて書き綴った作文でしたが、あのときとめどもなく流れた涙は、今も忘れることができません。自分の書き方というのも少しわかった感じでした。
可憐丘公園は「仮名」ということなのですが、だんだん鳩子にとっての理想の場所に格上げされていったようなのです。「わが心のシャングリラ」のようなものですね。

写真は、同じ年の初夏に、ある渓谷に水遊びに出かけたときのものです。楽しい一日でした。
ちょっと古ぼけたサンダルをはいていますが、このころは東京御徒町で靴屋さん10軒以上を探しても、サンダルは売っていなかったのです。夏でもぺったんこのパンプスの全盛時代でした。無性にサンダルが欲しかったころでした。

1995年のアンニュイ

1995年は、阪神大震災の年でしたが、あたしとしては何か中だるみの年だったような記憶があります。
一日おきの国」はこのころ書いたものですが(そのページの写真は前年です)、今読んでみると、なんとなく当時のアンニュイな雰囲気がよみがえります。

当時年1〜2回会ってた人に、会うたびに「ちょっと太ったね」とか言われてみたり。そう言われるのがちょっと恥ずかしかったからだの変化でもありました。

写真はやや少なめの一年。
世の中は閉塞感に包まれていましたが、次の年に「荒井由実」が"復活"したころから、ふっきれた感じになって行ったようなところもあります。

和風と洋風

何日か前、木蓮の花が満開でした。写真は3月初めのころの木蓮の花です。

ところで、洋風か和風かといったときに、鳩子に洋風のイメージを感じる人も多いのかもしれません。見た目や顔だちなどから、そうなのかもしれませんね。
脚は長くはないのですが、何人かの人に長いと思われてるのは、うれしい誤算? たぶんワンピースが多いせいだと思います。標準サイズのワンピースで、背が高いですから、ウエストの位置があばら骨1〜2本ぶん上に上がってしまいます。そのぶんだけ脚が長く見えるんでしょうね。逆に小柄の女性は、ウエストが下がってしまいますから、いろいろ工夫が必要なのでしょう。

でも「忘れな草紙」あたりをじっくり読んでいただけると、中身は和風で東洋風なところがたくさんあることがわかると思います。
それは、パートタイム・トランスジェンダーに「とどまる」という言い方をするなら、そのためには、東洋的な諦観や無常観を心の支えにするしかないからなのです。ほかに方法が見つかりませんよね。それは消極的な諦めとは違うものなのですが……なかなか表現がむづかしいわけなのです。

| top |