内股で歩くと?

「内股で歩くとおしりが大きくなる?」なんて書いてあるページもあったのですが、
(「内股で歩く」Google検索結果 略)
どうなんでしょう? もしそうなら、トランスさん、やってみたいでしょうね。
内股で歩くと腰の外側の筋肉が発達するからだというのですが、腰の外側の筋肉を発達させるのにもっと効果的な別の運動もあるかもしれません。

内股に歩くとは、脚のつま先が内側に向くことみたいです。
日本の女性はなぜ内股で歩く人が多いのかについて、江戸時代からの着物のせいかもしれないとか、正座の習慣が原因だろうとか、いろいろありました。
着物が原因というのは、着物で歩くとき裾が開かないように内股になるのだろうとか? でも着物の裾については、小さい歩幅でちょこまかと歩けば良いわけで、つま先はあまり関係ないかもしれませんね。浮世絵の美人画を見てもつま先の向きはいろいろです。
昔の歩き方は、右足が前に出たとき、右腕や右肩が前に出るという歩き方でしたから、こういう歩き方ですと、つま先が内に向くのが自然なのではないでしょうか。

日本人の歩き方で欧米人と比べて特徴的なのは、ひざを伸ばさずに少し曲げたまま歩くことで、今の若い女性も、ほとんどこの歩き方だそうです。鳩子は欧米人型の歩き方なのですが、日本人型のほうが、ももの付け根が発達するのかもしれませんね。

Trackbacks

コメント

まりっぺ : 2008年3月31日 10:22

確かに日本人女性が内股な理由はそんなことをどこかで聞いた記憶があります。でも最近はパンツスタイルが多いせいか、内股の女性は極端に減りましたね。
ところで、先日新宿のアルタ前からマルイヤング館の間で、私のテレビロケがありまして(もうすぐ女優デビュー?!)、その間を歩くシーンがあるんですよ。きれいで自然体な歩き方が難しいことを実感しました。モデル歩きになりすぎてもいけないし。内股でもべた歩きでもまずいし。。
とにかく人通りが多くて歩きづらかったのと、やっぱり歩き方が良くなくて5、6回NGを出してしまいました。

鳩子 : 2008年4月1日 00:24

女優デビューとは!…… 緊張してしまうかもしれませんね。

パンツスタイルの影響は見のがせないでしょうね。
内股も悪くはないと思いますが、たとえば
女子フィギアスケートの選手が演技を終わって腰掛けて採点の結果を待つとき、外国人選手に多いのですが、ひざが開いてるのがよくテレビに映ります。

hanajan : 2008年4月2日 00:08

着物で内股は、スカートでヒールと同じような効果を期待していると考えます。。。
尤も、ワタシの場合、後者しか経験がありませんが、その効果とは、腸腰筋を発達させることだろうと考えます。
この筋肉を発達させると、子宮の中の胎児をシッカリと支えることが出来ると考察します。
実際に、ヒールが高い靴を履かない婦人の場合、出産した嬰児の重量が小さいことを確認しています。

以上

鳩子 : 2008年4月2日 00:57

よくわかりませんけど、ほどほどの高さのハイヒールは姿勢を良くしますし、からだにいいかもしれませんよね。
歩くときにひざが曲がりすぎて背筋もまっすぐ保てないような高さのヒールは良くないと思いますけど

< 肩幅を狭く… | top | 和風と洋風 >