ハトリア

UFO研究家の人がいうには、南米に「ナスカの地上絵」というのがあって、広い平原に大きな鳥の絵が描いてあるのは、UFOが上空から見るときの目印なんだそうです。で、ナスカのほかにもローマ字で「ASUKA」を名前に含む地名の場所は、古代からUFOにとって重要な場所なのであって、日本の飛鳥(ASUKA)や春日(KASUKA)のほか、アラスカやマダガスカルなんかも重要なんだっていうお話。

そこで、ハトという地名を調べようと思いましたが、ちょっとひねって、ATORI(アトリ)を調べてみました。

服部(はとり) 機織りの機織部のこと
香取(かとり) 千葉県の地名です
名取(なとり) 宮城県の地名。アイヌ語で湿地の意味?
平取(ひらとり) アイヌ語で「崖の間」の意味?。

西日本には見つかりませんでしたね。ATORIは縄文系なのかもしれません。
外国の地名はちょっと見つからなかったのですがこんなのはどうでしょう。

ベアトリーチェ ダンテにとっての永遠の女性の名前です。

……でも、トルコのほうでしたか、アナトリアとかアマトリアという古い地名がありました。「アルス・アマトリア」は別の意味になります^^;
「〜トリア」という地名は多いと思います。

HPの名前は「ハトピア」でなく「ハトリア」でも良かったかも?
Hatopiaのことを「神聖鳩子帝国」なんて漢訳してくれた人がいたのですが、そういう古い感じにはハトリアのほうがぴったりくるかもしれませんね

Trackbacks

コメント

< 春の希望 | top | 肩幅を狭く… >