内股で歩くと?

「内股で歩くとおしりが大きくなる?」なんて書いてあるページもあったのですが、
(「内股で歩く」Google検索結果 略)
どうなんでしょう? もしそうなら、トランスさん、やってみたいでしょうね。
内股で歩くと腰の外側の筋肉が発達するからだというのですが、腰の外側の筋肉を発達させるのにもっと効果的な別の運動もあるかもしれません。

内股に歩くとは、脚のつま先が内側に向くことみたいです。
日本の女性はなぜ内股で歩く人が多いのかについて、江戸時代からの着物のせいかもしれないとか、正座の習慣が原因だろうとか、いろいろありました。
着物が原因というのは、着物で歩くとき裾が開かないように内股になるのだろうとか? でも着物の裾については、小さい歩幅でちょこまかと歩けば良いわけで、つま先はあまり関係ないかもしれませんね。浮世絵の美人画を見てもつま先の向きはいろいろです。
昔の歩き方は、右足が前に出たとき、右腕や右肩が前に出るという歩き方でしたから、こういう歩き方ですと、つま先が内に向くのが自然なのではないでしょうか。

日本人の歩き方で欧米人と比べて特徴的なのは、ひざを伸ばさずに少し曲げたまま歩くことで、今の若い女性も、ほとんどこの歩き方だそうです。鳩子は欧米人型の歩き方なのですが、日本人型のほうが、ももの付け根が発達するのかもしれませんね。

肩幅を狭く…

「肩幅を狭くする体操」というのをちょっと調べてみたのですが、両肩をめいっぱい上に上げて、そのままぐっと後ろへ引く(胸を張るように)、ということを、何度も繰り返すと良いらしいです。
なるほどと思いました。でも、ときどき自分でもやっていましたね ^^;。

ふだんの姿勢ということでは、「めいっぱい」でなく「少しだけ」肩を上げて後ろに引くということは、ずっと気をつけています。つまり、「肩幅を狭く見せる姿勢」ですね。

ちょっとなで肩の人なら、両肩を少し上に上げると、肩幅も狭く見えますし、なで肩にも見えなくなって、ちょうどいいわけです。
そして背中を狭く見せることもかんじんで、両肩を少し後ろに引くようにすると良いわけです。そうすると後ろから見たときの左右の脇の下の距離が狭く見えます。そして背筋をまっすぐ伸ばせば、背中の縦方向も短く見えますから、全体が細く見えるわけです。

服装については、肩がぴったりしたカーディガンなどよりも、袖のゆったりしたもののほうがいいわけなんでしょうね。特にブラウスやジャケットで脇がきつく感じたものは、後ろ姿を鏡に写してみれば、NGだということがすぐわかります。
写真は「うしろ姿」というタイトルで書いたときと同じものです。文章も似てますけど。

ハトリア

UFO研究家の人がいうには、南米に「ナスカの地上絵」というのがあって、広い平原に大きな鳥の絵が描いてあるのは、UFOが上空から見るときの目印なんだそうです。で、ナスカのほかにもローマ字で「ASUKA」を名前に含む地名の場所は、古代からUFOにとって重要な場所なのであって、日本の飛鳥(ASUKA)や春日(KASUKA)のほか、アラスカやマダガスカルなんかも重要なんだっていうお話。

そこで、ハトという地名を調べようと思いましたが、ちょっとひねって、ATORI(アトリ)を調べてみました。

服部(はとり) 機織りの機織部のこと
香取(かとり) 千葉県の地名です
名取(なとり) 宮城県の地名。アイヌ語で湿地の意味?
平取(ひらとり) アイヌ語で「崖の間」の意味?。

西日本には見つかりませんでしたね。ATORIは縄文系なのかもしれません。
外国の地名はちょっと見つからなかったのですがこんなのはどうでしょう。

ベアトリーチェ ダンテにとっての永遠の女性の名前です。

……でも、トルコのほうでしたか、アナトリアとかアマトリアという古い地名がありました。「アルス・アマトリア」は別の意味になります^^;
「〜トリア」という地名は多いと思います。

HPの名前は「ハトピア」でなく「ハトリア」でも良かったかも?
Hatopiaのことを「神聖鳩子帝国」なんて漢訳してくれた人がいたのですが、そういう古い感じにはハトリアのほうがぴったりくるかもしれませんね

春の希望

今年の梅もまだ寒そうです。
人の幸福について考えてみたのですが、簡単にいえば、人に親切にしてあげられる人とか、人のために何かできる人が、幸福だといえるのでしょうね。
でもそれが、ありがた迷惑、大きなお世話と言われるようでは、幸福とはいえないのかもしれません。
それから、派閥だとか、利害関係にあるグループ内の人にだけ感謝されてる人というのも、どうでしょう。けれど、親しい人との関係が、けっきょくは単なる利害関係でしかないのではないかとか思い悩んだり、そういうことはあまり神経質に考え過ぎないほうが良いのでしょうね。

数十億人といわれる人たちのほとんどは貧しい生活の中で、幸福の意味すら問うこともなく短い人生を終えてゆきます。でも彼らが毎年畑にまく種の一粒でも芽を出したとき、春の希望と小さな幸福感に包まれることは、きっとあるでしょう。

幸福の意味を問うことができること自体が、一つの幸福なのだと思います。そう考えてくると、失うことが不幸だと思っていたころのことも、どこか間違いだったのかもしれません。失うことで得たものも確かに在ったでしょうし、それは心のどこかに眠っていることでしょう。優しい詩と言葉でそれを目覚めさせてあげられたらいいですね。

mixi著作権騒動

mixiの著作権騒動が話題になってるそうです。収束に向かってるようですね

> (ここにあるニュース記事のリンクを書いたのですが、もうリンク切れでした。そのニュースの要旨は、mixi内の全ての日記内容の著作権はmixiのもので、それら全部をmixiは自由に商用利用できるというものでした)

mixiは、以前見たときに、私のホームページの一部からの(無断での)コピーのみで成り立っている小さい「コミュニティ」のようなものを見つけたことがあります。個人によるコピーで悪意のあるものではないようです……。でももしmixiが著作権を主張するとなると、そういった盗用などのマイナス部分も背負いこむことになると思うのです。
mixi自身が盗作者としてオリジナルサイトの運営者の前に現れることになります。snsではそういう「無断全文コピー」は山ほどあるでしょうし、
この問題は、無理ですよね、やっぱり。
当サイトからの文章のコピーについては、ぜんぜんうるさくないです。

千里の恋?

「千里の恋」なんてどこかで聞いた言葉ではあるのですが、さて、今までいちばん遠くから会いに来てくれた人といえば……、120〜130キロくらいでしょうか、千里にはほど遠いですね(でもその人には感謝してます)。
よくメールのやりとりをしてるうちに、東京都内で会うのがアタリマエに思い込まれている人も一部にいらっしゃるようなのですけど、あたしとしてはそのように思うことはありませんので、そのつもりで返信しますから、だから話がかみあわないように見えることもあるんでしょうね。
ま、それはともかく、新幹線や高速道路ができても、けっきょくほとんど地方から大都市へ人口が流出するだけだというお話もありますし、せめてインターネットに関しては、そういうふうにはなってほしくないものですよね。
とはいえ、せめて五十里、200キロくらいがんばって来てくれる人がいたら、どんなにかうれしく思うことでしょう、なんて

1994年の投稿

1994年の某誌への投稿を2つ紹介しましょう。
1つは1994年6月号掲載。4月末の発売で、締切は3月上旬だったと思います。写真はそのとき白黒で掲載のものですが撮影は前年。

♥日一日と春めいてゆく今日このごろ……というのが、このお手紙を書いている現在なのですが、あなたのもとに届くころは、もう春も終わりのころでしょう。わたしからの直接のご返事も、異国からの船便のメールのように、何か月も遅れてしまったりしています。妙な時間感覚の中で、わたしは、いつまでたっても夢みる少女なのでしょう。あまり進歩のないわたしですが、どうぞ可愛がってあげてくださいね。

……なるほど^^; さてもう一つは同じ年の8月号のものです。オタクの人に呼びかけた内容のせいか、とても反響があったのをおぼえています。このときの写真はあとで携帯サイトでご覧に入れましょうか。

♥もうじき、また、夏が来ます。夏休みの計画は立てていますか?
 最近の若い男性には「オタク」と呼ばれるタイプが、わりと目に止まるので、興味を持っています。なかでも、なんとなくさみしいかた、わたしを姉だと思って、甘えてみるのはどうかしら? 今回はとくに、35歳以下のかたのお便りをお待ちしています。年齢は、自称年齢でもかまいません。

好きな童謡30

 日本の歌百選というのがあるそうなのですが、リストをざっとながめると、なんであの歌が入ってないの?とひとこと言いたくなる人は多いかもしれませんね。

そこで子どものころ好きだった童謡を中心に、30曲を選んでみました。百選には入っていない歌ばかりです。特に★印の歌が落選とは、選ぶ側に問題あり?。
30曲を入替えれば、自分のベスト100ということになりますよね。

青い目の人形  持ってましたか?、アメリカ生まれのセルロイド
赤い河の谷間  カントリーにひかれるきっかけの歌でした
赤い鳥小鳥  赤いのは赤い実を食べたからというのが好き
秋の子  秋にはすすきの中でも遊びましたね
アニーローリー  詩は難しかったですが曲がきれいです
あの子はだあれ  なんともいえない懐かしさ
雨  遊びに行きたし傘はなし、そういう日もありました。
あわて床屋  蟹の床屋さんというのが面白かったです。
おおブレネリ  アルプスの羊飼いの娘の歌
お菓子と娘  お菓子の好きな子でしたから
おしえて  アニメのハイジの歌です。
おつかいありさん  急いでこっつんこ、あわてなさんな
カチューシャの唄  神に願いをララかけましょか、ララというのがいいです。
金糸雀  ★ 歌を忘れたカナリアとは誰のこと?
鐘の鳴る丘  とんがり帽子の時計台を見ると思い出します
故郷を離るる歌  ドイツの民謡ですね
子鹿のバンビ  三拍子のテンポの心地よさ
ゴンドラの唄  ★ 命短し恋せよ乙女、大人の歌です
すみれの花咲くころ  宝塚歌劇のテーマです
たなばたさま  笹の葉さらさら、七夕は楽しみでした
鉄腕アトム  ラララ科学の子、ラララというのが良いです
てるてる坊主  明日天気になれと思ったことは何度もありました
野菊  気高く清くというとこが好きでした(文部省の解釈とは別に)
野ばら  ★ ドイツの文豪ゲーテの詩ですよね。
初恋  砂山の砂に…という石川啄木の短歌に曲がついたもの
花嫁人形  ★ なぜ泣くんでしょうね。
鞠と殿様  手がそれてどこまでも飛んでいく鞠の長編ストーリー
宵待ち草  竹久夢二の詩ですね
りんごのひとりごと 北国で生まれたリンゴの自叙伝です
ローレライ  美しい妖精が舟人を惑わせるという伝説の歌

| top |